ここが鹿児島…だと? エメラルドの海に浮かぶ「東洋の真珠」与論島が美しすぎる

沖縄でリゾートホテルの経営・プロデュースを行っている佐々木優弥(@hksh)さんがこんなコメントと共に投稿した、とある島周辺の海の風景が、ツイッターで話題になっている。
それが、こちらだ。
どこまでも広がる透明なエメラルドグリーンの海と、サラサラとした白い砂浜。このまま絵はがきにしてもいいほど、美しい光景だ。
きっと、どこか海外のリゾート地なんだろう……と思ってしまうが、冒頭のコメントの通り、こちらは鹿児島県。
県最南端にある奄美群島のひとつである「与論島(よろんじま)」周辺の海で、れっきとした国内の風景なのだ。
話題になった画像は、与論町役場商工観光課が制作した動画の一部。島周辺の海を上空から撮った映像のほか、海中でのダイビングの様子や、島の文化などを紹介しているのだが……まさか国内でこんな光景が見られる場所があるとは驚きだ。
沖縄であらゆる海を見てきたという佐々木さんも、「与論島の海は日本でも1番きれいであり、世界のビーチリゾートでもトップクラスにきれいな海の色です」と語る。
こちらの海の景色に対し、ツイッター上では、「てっきり海外だと思いました…!」「やば…めちゃくちゃ綺麗行きたい」「沖縄でもワイハーでもなく…鹿児島?(驚)」と言った声が寄せられている。どうして与論島の海は、ここまで綺麗なのだろうか。Jタウンネット記者は9日、与論島観光協会にその理由を取材した。「東洋の真珠」ともいわれる島取材に応じた同観光協会の広報担当である里山剛史さんは、与論島の海がこれほど綺麗な理由について、「与論島は、島全体がリーフ(サンゴ礁)に囲まれた島になっていて、その内側に遠浅の白い砂浜が広がっています。なので、こうした透明度の高い、綺麗なエメラルドグリーンの海に見えるのです」と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
と言った声が寄せられている。どうして与論島の海は、ここまで綺麗なのだろうか。Jタウンネット記者は9日、与論島観光協会にその理由を取材した。「東洋の真珠」ともいわれる島取材に応じた同観光協会の広報担当である里山剛史さんは、与論島の海がこれほど綺麗な理由について、「与論島は、島全体がリーフ(サンゴ礁)に囲まれた島になっていて、その内側に遠浅の白い砂浜が広がっています。なので、こうした透明度の高い、綺麗なエメラルドグリーンの海に見えるのです」と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
どうして与論島の海は、ここまで綺麗なのだろうか。Jタウンネット記者は9日、与論島観光協会にその理由を取材した。「東洋の真珠」ともいわれる島取材に応じた同観光協会の広報担当である里山剛史さんは、与論島の海がこれほど綺麗な理由について、「与論島は、島全体がリーフ(サンゴ礁)に囲まれた島になっていて、その内側に遠浅の白い砂浜が広がっています。なので、こうした透明度の高い、綺麗なエメラルドグリーンの海に見えるのです」と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
Jタウンネット記者は9日、与論島観光協会にその理由を取材した。「東洋の真珠」ともいわれる島取材に応じた同観光協会の広報担当である里山剛史さんは、与論島の海がこれほど綺麗な理由について、「与論島は、島全体がリーフ(サンゴ礁)に囲まれた島になっていて、その内側に遠浅の白い砂浜が広がっています。なので、こうした透明度の高い、綺麗なエメラルドグリーンの海に見えるのです」と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
取材に応じた同観光協会の広報担当である里山剛史さんは、与論島の海がこれほど綺麗な理由について、「与論島は、島全体がリーフ(サンゴ礁)に囲まれた島になっていて、その内側に遠浅の白い砂浜が広がっています。なので、こうした透明度の高い、綺麗なエメラルドグリーンの海に見えるのです」と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
と説明した。協会の公式サイトによると、その白い砂浜と透明度の高い海から、「東洋の真珠」とも呼ばれているそうだ。また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
また、島の東に位置する大金久海岸の沖合い約1.5キロメートルの地点には、春~夏にかけて中潮から大潮の干潮時にだけ姿を現す「百合ヶ浜」という真っ白な砂浜もあるという。ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
ツイッターでの反響について、里山さんは、「現状、与論島の知名度はまだまだ高くありませんが、こうしてSNSなどをきっかけに知っていただけるというのは嬉しいです。我々としても、今まで一生懸命PRをしてきたつもりですが、これからももっともっとPRしていかなければと思います」とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
とコメントしている。「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。
「コロナが落ち着いたら行きたい場所」の候補に与論島を加えておくのも良いかもしれない。