女子中学生らに性的暴行 容疑のガーナ人男を逮捕 大阪

中学生に性的暴行を加えたとして、大阪府警は13日、大阪市生野区中川3丁目のアルバイトでガーナ国籍のベルフ・ジョセフ容疑者(32)を強制性交致傷の疑いで逮捕したと発表した。
捜査1課によると、今年4月、女子中学生を府内の公園に連れ込み、性的暴行を加えて軽傷を負わせた疑いがもたれている。ベルフ容疑者はおおむね容疑を認めたという。
府警は昨年6月に20代女性を暴行したとして、強制性交容疑でも再逮捕した。この件について同容疑者は「記憶にない」と否認したという。
同課によると、同容疑者は英語交じりで困ったふりをして女性に道案内を依頼し、人気の無い場所に連れ込んだ後に現金を手渡して性行為を求め、拒否をされた際に性的暴行に及んだとみられる。