雷に打たれたか…男性が死亡 ランニングの途中に? 滋賀・守山市

橋の上で倒れていた男性が死亡。
雷に打たれたとみられている。
11日午後、滋賀・守山市で47歳の男性が、橋の上の歩道に倒れているのが見つかり、病院で治療をうけていたが、12日に死亡した。
警察によると、男性の死因は多臓器不全で、体に強い電流が流れた痕跡があることから、雷に打たれたとみられている。
気象台によると、守山市内には11日、雷注意報が出されていて、周辺では、雷が午後3時半ごろから観測されていたという。
男性は、服装からランニングの途中だったとみられる。