「怒りしか」「何で?」カフェで深夜に“イス泥棒”

茨城県小美玉市の郊外にある、カフェに設置された防犯カメラの映像です。
12日午前2時半ごろ、現れたのは作業着のような服装にメガネ、短髪の60歳くらいの男です。
辺りをキョロキョロと物色した後、画面から消えますが、その10秒後、再び現れた男は屋外に置いてあったイスを1脚持ち上げ、そのまま暗闇へと消え去りました。
夜が明けて、イスがなくなっているのに気付いた店主が防犯カメラを確認。他に盗まれたものなどは、なかったということです。
カフェの店主:「怒りしかなかった。何で(イスを)持っていくのと思って…」
カフェは2カ月前にオープンしたばかりで、イスやテーブルは内装に合わせて選んだ、こだわりの品だといいます。
カフェの店主:「思い出深いイスです。1脚だけ買うこともできないかも知れないし、戻してもらえるなら戻してもらったほうがありがたい」