「ないですね」眞子さま小室圭さんご結婚“使者”問題の現実 黒田清子さんは今でも挙式直前のドレスを…

天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染状況を心配されているとして、宮内庁の西村泰彦長官が「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べ、波紋が広がった。
【写真】この記事の写真を見る(6枚)
秋篠宮家に目を転ずると、小室圭さん(29)は5月にアメリカ・フォーダム大学ロースクールを修了したものの、4月の小室さんによる文書公表以来、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)とのご結婚に向けて表立った動きがあるようには見えない。
2020年9月、「第67回日本伝統工芸展授賞式」に臨席された眞子さま JMPA
眞子さまご自身の「今回発表された文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」というコメントが発表され、小室さんによる文書の記述のうち、「何の話し合いもせずにお金をお渡しするという選択はせず、元婚約者の方とお互いの認識についてきちんと話し合い、ご理解を得た上で解決する」という基本方針は眞子さまのご意向が大きかったことも明らかになったが、眞子さまはどのようなご心中でいらっしゃるのだろうか。
小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者の男性との金銭トラブルが発覚し、ご結婚問題の“膠着状態”が始まったのは、小室さんが留学のためにアメリカへ発った翌日、3年前の夏に朝日新聞が「納采の儀 現状では行えない」(2018年8月8日)と報じた頃からではないだろうか。 秋篠宮ご夫妻が小室さん親子に対し、「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」と伝えていたという内容だった。 一般の結納にあたる「納采の儀」や、結婚式の日取りを伝達する「告期の儀」、結婚式当日の「入第の儀」などを行う場合、小室家側の「使者」が登場することになる。小室さん側から使者をやってほしいという話は「ないですね」 戦後、女性皇族の結婚で親族以外の人が使者を務めた場合もあるが、一般的に男性側の親族のうち、叔父にあたる人や一族を代表するような立場の人が選ばれることが多かったようだ。眞子さまと小室さんは、様々な儀式や手続きを経て、2018年11月4日に帝国ホテルでの結婚式に臨むはずだったのだ。「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
秋篠宮ご夫妻が小室さん親子に対し、「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」と伝えていたという内容だった。 一般の結納にあたる「納采の儀」や、結婚式の日取りを伝達する「告期の儀」、結婚式当日の「入第の儀」などを行う場合、小室家側の「使者」が登場することになる。小室さん側から使者をやってほしいという話は「ないですね」 戦後、女性皇族の結婚で親族以外の人が使者を務めた場合もあるが、一般的に男性側の親族のうち、叔父にあたる人や一族を代表するような立場の人が選ばれることが多かったようだ。眞子さまと小室さんは、様々な儀式や手続きを経て、2018年11月4日に帝国ホテルでの結婚式に臨むはずだったのだ。「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
秋篠宮ご夫妻が小室さん親子に対し、「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」と伝えていたという内容だった。 一般の結納にあたる「納采の儀」や、結婚式の日取りを伝達する「告期の儀」、結婚式当日の「入第の儀」などを行う場合、小室家側の「使者」が登場することになる。小室さん側から使者をやってほしいという話は「ないですね」 戦後、女性皇族の結婚で親族以外の人が使者を務めた場合もあるが、一般的に男性側の親族のうち、叔父にあたる人や一族を代表するような立場の人が選ばれることが多かったようだ。眞子さまと小室さんは、様々な儀式や手続きを経て、2018年11月4日に帝国ホテルでの結婚式に臨むはずだったのだ。「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
一般の結納にあたる「納采の儀」や、結婚式の日取りを伝達する「告期の儀」、結婚式当日の「入第の儀」などを行う場合、小室家側の「使者」が登場することになる。小室さん側から使者をやってほしいという話は「ないですね」 戦後、女性皇族の結婚で親族以外の人が使者を務めた場合もあるが、一般的に男性側の親族のうち、叔父にあたる人や一族を代表するような立場の人が選ばれることが多かったようだ。眞子さまと小室さんは、様々な儀式や手続きを経て、2018年11月4日に帝国ホテルでの結婚式に臨むはずだったのだ。「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
戦後、女性皇族の結婚で親族以外の人が使者を務めた場合もあるが、一般的に男性側の親族のうち、叔父にあたる人や一族を代表するような立場の人が選ばれることが多かったようだ。眞子さまと小室さんは、様々な儀式や手続きを経て、2018年11月4日に帝国ホテルでの結婚式に臨むはずだったのだ。「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
「週刊文春」7月15日号によると、小室家・本家の親族の男性は取材に対し、小室圭さんや佳代さんから連絡や納采の儀についての話は「ありません」と語り、「『使者をやってほしい』という話があったら?」という問いに「ないですね」と答えたという。紀宮さまと黒田慶樹さんは、使者の直志さんの訃報に… 眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
眞子さまと同じ内親王でいらした紀宮さま(現・黒田清子さん)と黒田慶樹さんの婚約内定も、新潟県中越地震の発生と、高松宮妃喜久子さまの逝去で2度延期された経緯がある。黒田家側の使者は、慶樹さんのいとこにあたる黒田直志(なおゆき)さんが務めた。実は、近ごろ直志さんが亡くなり、6月に通夜と告別式がごく限られた人数で静かに営まれたというが、感染対策のためだろうか、黒田さん夫妻の姿はなかったようだ。 紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
紀宮さまと黒田慶樹さんの納采の儀が行われたのは、2005年3月19日。当日の朝、紀宮さまは7時頃に朝食をとり、御所のお庭でその年初めてのつくし摘みをされたという。使者の直志さんは「納采のため参上いたしました。お品をお納め願いとうございます」などと口上を述べ、この日、黒田さんから紀宮さまに贈られた納采の品物である2着分の絹の洋服地(2巻)、清酒3本、雌雄の鮮鯛一対の「納采の品」の目録を手渡した。 布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
布地はいずれも紀宮さまのドレスに仕立てられる予定で、一巻は淡いピンク地に銀糸が入ったもの、もう一巻は青緑色の布地だったと当時報じられている。紀宮さまのドレスといえば、淡いグリーン 紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
紀宮さまのドレスといえば、2005年10月5日の「告期の儀」でお召しになっていた光沢のあるロングドレスを思い起こす。お印である未草の円形の葉を思わせる淡いグリーンがとてもお似合いで、美智子さまのグラデーションが美しいお召し物との組み合わせまで入念に考えられているような、絶妙な配色だった。 紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
紀宮さまは「本日、両陛下に結婚式の日取りについてご承諾いただきましたことを、感謝申し上げております。式までの日々を大切に過ごしてまいりたいと思います」と感想を発表されている。 実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
実は2019年10月25日に行われた「饗宴の儀」(第2日)でも清子さんは同じドレスだったようで、気品あふれるラインと裾にあしらわれた細やかなプリーツが印象的だった。大切に保管されていたのではないだろうか。 1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
1992年3月、紀宮さまは学習院大学ご卒業にあたっての記者会見で、前年に誕生された眞子さまについて「日に日に大きくなっていかれる姿を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。(中略)どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます」と感想を述べられた。「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
「納采」は中国の四書五経の五経の一つ「礼記」に由来し、「采」には良縁を採るという意味があるのだという。小室さんは7月27日、28日にリモートで行われるニューヨーク州の司法試験を受ける予定とみられ、その結果発表は12月中旬頃までに行われるようだ。今年中に眞子さまや小室さんから、何らかの発信は行われるのだろうか。(佐藤 あさ子/文藝春秋)
(佐藤 あさ子/文藝春秋)