都内では初、10歳未満の重症者…人工呼吸器つけ治療

国内の新型コロナウイルス感染者は12日、41都道府県と空港検疫などで1506人が確認された。
死者は3人で、重症者は432人だった。
東京都では、新たに502人の感染が確認された。1週間前から160人増となり、月曜に500人を上回るのは5月10日以来、約2か月ぶり。23日連続で前週の同じ曜日を上回った。
都は、10歳未満の女児が感染後に重症化したことも明らかにした。都内で10歳未満の重症者が確認されるのは初めてという。女児に基礎疾患はないとみられ、医療機関で人工呼吸器を着けて治療を受けている。

政府は12日、新型コロナウイルスワクチンの総接種回数(1、2回目の合計)が6025万回に達したと発表した。このうち1回目は3760万回で、接種率は29・6%となった。