自民“魔の3回生”穴見議員が外食首脳と「まん防破り」“5人飲酒”写真

自民党の穴見陽一衆院議員(51)が7月8日、都内飲食店にて3時間にわたり、外食産業首脳ら4人と酒を伴う会食を行っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。これは東京都の「まん延防止等重点措置(まん防)」が求めている、飲食店等で飲酒する場合は「同一グループ2人以内」「利用者の滞在時間は90分以内」とすること、という条件を逸脱している。
【写真】この記事の写真を見る(6枚)
穴見氏は、九州を中心に672店舗を経営するファミリーレストラン「ジョイフル」の会長でもある。2012年の衆院選に自民党から出馬し、初当選を果たした。ただ、12年初当選組の自民党議員は、さまざまなスキャンダルを起こし“魔の3回生”と呼ばれている。
穴見陽一衆院議員 共同通信社
穴見氏は8日午後5時、店に到着。一番奥に位置する個室にはすでに先客が待っており、しばらくすると複数男性の笑い声が響いた。彼らの個室に運ばれていくのはビールやハイボールだ。
7時を過ぎ、官邸では菅義偉首相の「緊急事態宣言」発出の会見が始まっていたが、穴見氏らは個室と喫煙スペースを往復しつつ、夜8時まで店に滞在した。
同席した4人のうち3人も外食産業の会長だった。「モスバーガー」などを展開するモスフードサービスの櫻田厚会長(69)。「ロイヤルホスト」「天丼てんや」「シズラー」などで知られるロイヤルホールディングスの菊地唯夫会長(55)。「和食さと」「かつや」などのSRSホールディングスの重里欣孝会長(63)。
ジョイフルを含めた4社が全国に展開する店舗数を合計すると、3400店舗以上に及ぶ。 外食業界関係者が明かす。「4氏は『日本フードサービス協会』の理事を務めている。同協会は外食業界最大規模の業界団体。コロナ禍で苦しむ業界の利益代表として活発に活動し、当初は個人経営や中小規模の飲食店にしか認められていなかった時短営業の『協力金』を、大企業にも認めるように働きかけた」 協力金(営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金)の申請は、酒類提供の際の条件や、感染拡大防止のガイドラインの遵守が前提。4氏が経営する会社がこれまでに受け取った新型コロナ関連の協力金や助成金の合計は、決算資料に記載があるだけでも約59億円に及ぶ。 そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
ジョイフルを含めた4社が全国に展開する店舗数を合計すると、3400店舗以上に及ぶ。 外食業界関係者が明かす。「4氏は『日本フードサービス協会』の理事を務めている。同協会は外食業界最大規模の業界団体。コロナ禍で苦しむ業界の利益代表として活発に活動し、当初は個人経営や中小規模の飲食店にしか認められていなかった時短営業の『協力金』を、大企業にも認めるように働きかけた」 協力金(営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金)の申請は、酒類提供の際の条件や、感染拡大防止のガイドラインの遵守が前提。4氏が経営する会社がこれまでに受け取った新型コロナ関連の協力金や助成金の合計は、決算資料に記載があるだけでも約59億円に及ぶ。 そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
外食業界関係者が明かす。「4氏は『日本フードサービス協会』の理事を務めている。同協会は外食業界最大規模の業界団体。コロナ禍で苦しむ業界の利益代表として活発に活動し、当初は個人経営や中小規模の飲食店にしか認められていなかった時短営業の『協力金』を、大企業にも認めるように働きかけた」 協力金(営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金)の申請は、酒類提供の際の条件や、感染拡大防止のガイドラインの遵守が前提。4氏が経営する会社がこれまでに受け取った新型コロナ関連の協力金や助成金の合計は、決算資料に記載があるだけでも約59億円に及ぶ。 そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「4氏は『日本フードサービス協会』の理事を務めている。同協会は外食業界最大規模の業界団体。コロナ禍で苦しむ業界の利益代表として活発に活動し、当初は個人経営や中小規模の飲食店にしか認められていなかった時短営業の『協力金』を、大企業にも認めるように働きかけた」 協力金(営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金)の申請は、酒類提供の際の条件や、感染拡大防止のガイドラインの遵守が前提。4氏が経営する会社がこれまでに受け取った新型コロナ関連の協力金や助成金の合計は、決算資料に記載があるだけでも約59億円に及ぶ。 そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
協力金(営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金)の申請は、酒類提供の際の条件や、感染拡大防止のガイドラインの遵守が前提。4氏が経営する会社がこれまでに受け取った新型コロナ関連の協力金や助成金の合計は、決算資料に記載があるだけでも約59億円に及ぶ。 そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
そして、会食の舞台となった品川区の和食店は櫻田氏のモスグループ運営であり、同店もまた協力金を申請していた。「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「週刊文春」の取材に対し、穴見氏は次のように回答した。――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
――お酒の席は2人以内、かつ90分以内でなければいけないと。「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「うんうん。……いやまあ、僕は基本的には(櫻田氏に誘われ)2人でお会いするということで行ったんで……。当然顔を合わせればお話はしますけれども」 基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
基本的に櫻田氏と2人の会食であり、そこに他の3人が居合わせた、という。90分を超えていたことについては、「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「まぁそうですね……。(都のルールを)十分認識できていなかったという点はあったでしょうね。8時まで、という印象はありましたけれど」 と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
と、ルールをよくわかっていなかったと釈明した。 一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
一方、モスフードサービスは、飲酒における「2名以内」が守られていなかったことを認めた。「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
「三つのテーブルに分け、感染対策を講じていたので、問題ないと拡大解釈をしていました。加えて、90分以内の滞在ルールについても守られてなかったことは事実です。お客様をはじめ関係の皆様には大変申し訳ありません」 その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
その上で「(会食の場となった店舗は)飲食店として取り組むべき必要な措置を講じていなかったことを踏まえ、同店の該当期間についての(協力金の)申請は行わない考えです」とした。 ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
ロイヤルホールディングスは「認識が甘かった」、SRSホールディングスは「会社として誠に遺憾」などと回答した。 政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
政府が国民や飲食店に対し、様々な我慢を求めている中、自民党議員や外食産業の経営者がルールを破っていたことは論議を呼びそうだ。 会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
会食の様子や穴見氏の経歴、各社回答の詳細など、7月14日(水)16時配信の「週刊文春電子版」及び7月15日(木)発売の「週刊文春」が写真と共に報じている。(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)
(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年7月22日号)