コロナ後遺症の味覚障害 「嗅覚障害に伴う風味障害の可能性」

新型コロナウイルス感染症の後遺症の一つとみられる、嗅覚・味覚障害について厚生労働省研究班が研究結果をまとめた。味覚障害を自覚する人の多くが味覚検査の結果は正常であったことから、嗅覚障害に伴う風味障害の可能性があることが分かった。また、嗅覚・味覚障害は、食事を楽しめなくなるなど生活の質(QOL)の低下につながることが判明。研究代表者で耳鼻咽喉(いんこう)科学が専門の三輪高喜・金沢医科大教授は「感染の3カ月後、6カ月後も追跡調査し、長期間症状が残る人の特徴や治療方法を探っていきたい」と語る。
ぶれぶれのワクチン方針 モデルナ製巡り綱引き
新型コロナ感染症は発症後早い段階で嗅覚・味覚障害が起こることが知られている。国内の発生頻度や特徴、症状がどれぐらい続くかは不明な点が多い。海外では発症時に嗅覚・味覚障害を自覚した人のうち、5~10%は数カ月後も症状が残るとする報告もある。
調査対象となったのは、東京、千葉、大阪、愛知、石川の病院や宿泊施設に入院、療養中だった20~59歳の希望者251人。入院・療養中に自覚症状や基礎疾患、QOLなどについてアンケートし、嗅覚と味覚の検査をそれぞれ実施した。
研究班によると、アンケート調査に応じた251人のうち61%が入院・療養中に嗅覚・味覚障害を自覚。嗅覚・味覚の両方が37%で、嗅覚のみが20%、味覚のみが4%だった。嗅覚障害では30代の7割以上、20代の6割以上が「ある」または「あったが治った」と回答した。 1カ月後でも症状が持続しているのは嗅覚障害が40%、味覚障害が16%。嗅覚・味覚障害は一時的なもので、大半の人は回復するが、症状が長引くする人もいることが分かった。回復までの日数で最も多かったのは3日だった。 251人のうち嗅覚と味覚検査を受けた119人について、自覚症状と検査結果との相関を調べた。検査時に嗅覚障害を自覚していたのは71人で、うち59人は検査でも異常が確認された。一方、味覚障害を自覚していた45人中、検査で異常が確認されたのは12人で、33人は正常値だった。三輪教授は「味覚障害は舌の味細胞のダメージなど単独で起こることは少なく、嗅覚障害に伴う風味障害が多数を占めると推測される」と指摘する。 嗅覚・味覚障害はQOLの低下にもつながっている。自覚症状が続く人は「以前より飲食を楽しめなくなった」「腐った食べ物やガス漏れを恐れるようになった」などと生活の変化を訴えた。 新型コロナ感染と嗅覚との関連は少しずつ研究が進んでいる。鼻の粘膜細胞には、新型コロナウイルスが感染する際の足場となる「ACE(エース)2」というたんぱく質が存在し、ウイルスが入り込むことが確認されている。また、においをつかさどる嗅神経細胞の周りの細胞には、ウイルスが感染するときの要となる酵素がたくさん存在し、感染によって嗅神経細胞が本来の働きをできなくなると考えられている。 三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】
1カ月後でも症状が持続しているのは嗅覚障害が40%、味覚障害が16%。嗅覚・味覚障害は一時的なもので、大半の人は回復するが、症状が長引くする人もいることが分かった。回復までの日数で最も多かったのは3日だった。 251人のうち嗅覚と味覚検査を受けた119人について、自覚症状と検査結果との相関を調べた。検査時に嗅覚障害を自覚していたのは71人で、うち59人は検査でも異常が確認された。一方、味覚障害を自覚していた45人中、検査で異常が確認されたのは12人で、33人は正常値だった。三輪教授は「味覚障害は舌の味細胞のダメージなど単独で起こることは少なく、嗅覚障害に伴う風味障害が多数を占めると推測される」と指摘する。 嗅覚・味覚障害はQOLの低下にもつながっている。自覚症状が続く人は「以前より飲食を楽しめなくなった」「腐った食べ物やガス漏れを恐れるようになった」などと生活の変化を訴えた。 新型コロナ感染と嗅覚との関連は少しずつ研究が進んでいる。鼻の粘膜細胞には、新型コロナウイルスが感染する際の足場となる「ACE(エース)2」というたんぱく質が存在し、ウイルスが入り込むことが確認されている。また、においをつかさどる嗅神経細胞の周りの細胞には、ウイルスが感染するときの要となる酵素がたくさん存在し、感染によって嗅神経細胞が本来の働きをできなくなると考えられている。 三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】
251人のうち嗅覚と味覚検査を受けた119人について、自覚症状と検査結果との相関を調べた。検査時に嗅覚障害を自覚していたのは71人で、うち59人は検査でも異常が確認された。一方、味覚障害を自覚していた45人中、検査で異常が確認されたのは12人で、33人は正常値だった。三輪教授は「味覚障害は舌の味細胞のダメージなど単独で起こることは少なく、嗅覚障害に伴う風味障害が多数を占めると推測される」と指摘する。 嗅覚・味覚障害はQOLの低下にもつながっている。自覚症状が続く人は「以前より飲食を楽しめなくなった」「腐った食べ物やガス漏れを恐れるようになった」などと生活の変化を訴えた。 新型コロナ感染と嗅覚との関連は少しずつ研究が進んでいる。鼻の粘膜細胞には、新型コロナウイルスが感染する際の足場となる「ACE(エース)2」というたんぱく質が存在し、ウイルスが入り込むことが確認されている。また、においをつかさどる嗅神経細胞の周りの細胞には、ウイルスが感染するときの要となる酵素がたくさん存在し、感染によって嗅神経細胞が本来の働きをできなくなると考えられている。 三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】
嗅覚・味覚障害はQOLの低下にもつながっている。自覚症状が続く人は「以前より飲食を楽しめなくなった」「腐った食べ物やガス漏れを恐れるようになった」などと生活の変化を訴えた。 新型コロナ感染と嗅覚との関連は少しずつ研究が進んでいる。鼻の粘膜細胞には、新型コロナウイルスが感染する際の足場となる「ACE(エース)2」というたんぱく質が存在し、ウイルスが入り込むことが確認されている。また、においをつかさどる嗅神経細胞の周りの細胞には、ウイルスが感染するときの要となる酵素がたくさん存在し、感染によって嗅神経細胞が本来の働きをできなくなると考えられている。 三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】
新型コロナ感染と嗅覚との関連は少しずつ研究が進んでいる。鼻の粘膜細胞には、新型コロナウイルスが感染する際の足場となる「ACE(エース)2」というたんぱく質が存在し、ウイルスが入り込むことが確認されている。また、においをつかさどる嗅神経細胞の周りの細胞には、ウイルスが感染するときの要となる酵素がたくさん存在し、感染によって嗅神経細胞が本来の働きをできなくなると考えられている。 三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】
三輪教授は「新型コロナ感染によって嗅覚や味覚を急速に失うと、喪失感が強い。感染後何カ月たってもにおいや味が戻らないという患者もいる。病態の解明と治療法を探っていきたい」と話した。【金秀蓮】