“ながらスマホ”で踏切へ?はねられ死亡

先週、東京・板橋区の踏切で31歳の女性が電車にはねられ死亡する事故がありました。女性は“ながらスマホ”のまま踏切内に入ったとみられています。
警視庁によりますと、8日、板橋区徳丸の東武東上線・東武練馬駅そばの踏切で、帰宅途中の31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。
当初、警視庁は自殺と事故の両面で調べていましたが、その後の捜査で、電車にはねられる直前、女性はスマホを操作しながらそのまま踏切内に入り、線路を渡った先にある遮断機が下りたため、そこで立ち止まっていたとみられることがわかりました。その後、女性は踏切内に立ったまま電車にはねられました。