「墨」を消滅危機から守りたい…クラファン230万円の大盛況 逆風のコロナ禍、立ち上がった職人の奮闘

書道や習字でおなじみの「墨」が消滅の危機にさらされている。「墨を擦って文字を書く」機会が減っていく中で、墨の需要が縮小し、職人の後継者不足が深刻化している。さらに新型コロナウイルス禍で、墨業界の置かれた状況はより厳しいものになってしまった。
こうした状況を打破するために、奈良の墨職人が2021年6月、クラウドファンディングを立ち上げた。支援は半日足らずで目標額を達成し、インターネット上の関心を集めている。
今、墨業界に何が起こっているのか。J-CASTニュースは、クラウドファンディングを立ち上げた墨匠・長野睦さんに取材した。
長野さんは、奈良市の墨工房「錦光園(きんこうえん)」の7代目墨匠だ。伝統的な製法で墨を作る傍ら、「墨の案内役」として墨の魅力を伝える活動を行っている。きっかけとなったのは、同社が取り組む観光事業「にぎり墨体験」。修学旅行生や若い人々と直接交流する中で、墨を知らない人がいることに危機感を抱き、墨の普及活動や新たな価値創出に取り組むようになった。
その一環で2019年に生み出したのが、インテリア小物「香り墨Asuka」。観光客らの「墨のにおいが良い」という声を受けて、香りを楽しむための墨を開発した。仮面舞踏劇の伎楽面(ぎがくめん)の「迦楼羅(かるら)」「力士」「呉女(ごじょ)」をかたどっており、墨の原料である煤(すす)の粒子の細かさを生かした緻密なデザインを実現している。「墨は『擦って書くもの』ですが、美術工芸品的な美しさ、墨そのものの香りもあります。書く、見る、香る・・・皆さん知っているようで知らない魅力があると思います」 長野さんは「墨にはまだ伝えきれていない魅力がある」として、墨の普及活動に努めてきた。しかし2020年春、コロナ禍が訪れる。観光事業「にぎり墨体験」の予約はほとんどキャンセルになり、来訪者は8割減。製造業も卸先への流通が厳しくなり、不安定な状況となってしまった。「新型コロナウイルス感染症が拡大して1年間、ホームページを作るなど内々的に様々な挑戦をしてきました。しかし墨の普及活動は抑え気味になってしまいました」コロナ禍でも墨について知ってもらうため、長野さんはZoomを活用した「オンライン墨作り体験」を打ち出した。必要な材料は郵送し、パソコン越しで墨の作り方を伝えている。長野さんによれば、自宅にいる体験者はリラックスしているためか、とてもよく質問を投げかけてくれるという。パソコン越しであるために聞かれた事に関する資料をすぐに提示することもでき、長野さんは「リアル以上に価値があると自信を持っている体験コンテンツ」だと胸を張る。しかし墨業界自体への認知はまだまだ低いのが現状だ。長野さんは、「このままでは墨の技術そのものが消えてしまう」と焦りを抱えている。墨業界の深刻な後継者不足長野さんによれば、墨屋や関係者の廃業は後を絶たず、残った職人も高齢化が進んでいる。長野さんは墨の需要がないから、後継者が現れないのだと話す。「自分の中では、需要がないから後継者が増えないのだと思います。これはどこの伝統工芸も一緒だと思います。需要がないから生活していけない、斜陽産業だから親が子に継がせない。シンプルに、ただそれだけです。私の父も、私に墨屋を継がせる気はありませんでした」しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんは「墨にはまだ伝えきれていない魅力がある」として、墨の普及活動に努めてきた。しかし2020年春、コロナ禍が訪れる。観光事業「にぎり墨体験」の予約はほとんどキャンセルになり、来訪者は8割減。製造業も卸先への流通が厳しくなり、不安定な状況となってしまった。「新型コロナウイルス感染症が拡大して1年間、ホームページを作るなど内々的に様々な挑戦をしてきました。しかし墨の普及活動は抑え気味になってしまいました」コロナ禍でも墨について知ってもらうため、長野さんはZoomを活用した「オンライン墨作り体験」を打ち出した。必要な材料は郵送し、パソコン越しで墨の作り方を伝えている。長野さんによれば、自宅にいる体験者はリラックスしているためか、とてもよく質問を投げかけてくれるという。パソコン越しであるために聞かれた事に関する資料をすぐに提示することもでき、長野さんは「リアル以上に価値があると自信を持っている体験コンテンツ」だと胸を張る。しかし墨業界自体への認知はまだまだ低いのが現状だ。長野さんは、「このままでは墨の技術そのものが消えてしまう」と焦りを抱えている。墨業界の深刻な後継者不足長野さんによれば、墨屋や関係者の廃業は後を絶たず、残った職人も高齢化が進んでいる。長野さんは墨の需要がないから、後継者が現れないのだと話す。「自分の中では、需要がないから後継者が増えないのだと思います。これはどこの伝統工芸も一緒だと思います。需要がないから生活していけない、斜陽産業だから親が子に継がせない。シンプルに、ただそれだけです。私の父も、私に墨屋を継がせる気はありませんでした」しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
コロナ禍でも墨について知ってもらうため、長野さんはZoomを活用した「オンライン墨作り体験」を打ち出した。必要な材料は郵送し、パソコン越しで墨の作り方を伝えている。長野さんによれば、自宅にいる体験者はリラックスしているためか、とてもよく質問を投げかけてくれるという。パソコン越しであるために聞かれた事に関する資料をすぐに提示することもでき、長野さんは「リアル以上に価値があると自信を持っている体験コンテンツ」だと胸を張る。しかし墨業界自体への認知はまだまだ低いのが現状だ。長野さんは、「このままでは墨の技術そのものが消えてしまう」と焦りを抱えている。墨業界の深刻な後継者不足長野さんによれば、墨屋や関係者の廃業は後を絶たず、残った職人も高齢化が進んでいる。長野さんは墨の需要がないから、後継者が現れないのだと話す。「自分の中では、需要がないから後継者が増えないのだと思います。これはどこの伝統工芸も一緒だと思います。需要がないから生活していけない、斜陽産業だから親が子に継がせない。シンプルに、ただそれだけです。私の父も、私に墨屋を継がせる気はありませんでした」しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
しかし墨業界自体への認知はまだまだ低いのが現状だ。長野さんは、「このままでは墨の技術そのものが消えてしまう」と焦りを抱えている。墨業界の深刻な後継者不足長野さんによれば、墨屋や関係者の廃業は後を絶たず、残った職人も高齢化が進んでいる。長野さんは墨の需要がないから、後継者が現れないのだと話す。「自分の中では、需要がないから後継者が増えないのだと思います。これはどこの伝統工芸も一緒だと思います。需要がないから生活していけない、斜陽産業だから親が子に継がせない。シンプルに、ただそれだけです。私の父も、私に墨屋を継がせる気はありませんでした」しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんによれば、墨屋や関係者の廃業は後を絶たず、残った職人も高齢化が進んでいる。長野さんは墨の需要がないから、後継者が現れないのだと話す。「自分の中では、需要がないから後継者が増えないのだと思います。これはどこの伝統工芸も一緒だと思います。需要がないから生活していけない、斜陽産業だから親が子に継がせない。シンプルに、ただそれだけです。私の父も、私に墨屋を継がせる気はありませんでした」しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
しかし長野さんは「職人を見て育ってきた」。それだけの理由で家業を継いだ。「錦光園は自宅に併設された小さな墨工房で、父や祖父、職人さんたちを、子どものころから見ていました。だから一回家を出て一般企業に就職しましたが、いつか必ず戻ってくるつもりでした」長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんは就職先で「家のことがなければ一生働きたい会社だった」と思うほど馴染んだ。しかし就職して10年、父が廃業すると言い出した事を受け、会社を辞め、実家を継いだ。そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
そこで直面したのは「墨屋では食べていけない」という厳しい現実だった。だからこそ長野さんは、自らが「墨の案内役」となり墨の世界に興味を持ってもらう普及活動に力を入れている。「今の人たちは墨を擦ることもないです。そういった方々にいきなり『使ってください』、『書くものですよ』と言っても通じないはずです。だから見た目や香りなど芸術的な観点からもアプローチを行っています。お菓子の落雁(らくがん)の木型から作った墨もあるんですよ」長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんは、墨業界の中では若手でもあるために、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSでの発信にも力を入れている。20年11月からは学校向けにオンライン墨づくり体験授業を開始した。現在は月に1、2回ほど依頼が寄せられている。しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
しかし先述の通り、コロナ禍で墨の普及活動を進めるのは厳しくなっている。普及活動のための人出も足りていない。「若い人がいませんし、人が欲しいです。協力者の方にも色々助けてもらっていますが、マンパワーが足りません」こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
こうした状況を受けて長野さんは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募ることにした。活動資金の調達と認知度向上のためにクラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
クラウドファンディングを実施した理由について、長野さんはこう話す。「クラウドファンディングを実施した理由の1つは、墨を普及するための活動資金が必要だったからです。普及活動としては学校でのオンライン授業に取り組んでいますが、これはボランティアです。若い人にアプローチをしない限り需要は伸びていきませんし、これを商売にするのは何か違うと思っています。このような墨の普及活動の資金は、本業である墨づくりと観光体験事業から捻出していますが、コロナで厳しくなっています」またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
またクラウドファンディングはSNSとの親和性が高いという。クラウドファンディングやSNSを通して、インターネット上に墨の現状を広めることを狙いとした。そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
そして2021年6月25日、「『奈良墨』の危機 1000年以上続く文化と伝統を守りたい!」と題したプロジェクトを公開した。目標金額は28万円。しかし目標額は半日で達成され、7月13日までに229万5千円が寄せられた。どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
どうやら長野さんの知人や書道関係者から徐々に広まっていったようで、このクラウドファンディングをきっかけに「また書道をやりたい」「興味を持った」といった声も寄せられ、支援は現在も伸び続けている。長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんは「想像をはるかに超えている」と驚き、「潜在的にも書道人口はいるんだ」と希望を持った。「クラウドファンディングの記事の中身は公式サイトにも載っていることですが、墨業界のこれまでの状況や何とかしていきたいという思いを、まとめて拡散できる点が良かったのかもしれません。今回のクラウドファンディングは、まず墨業界について知ってもらえるきっかけになればと思います。そして、知ってくださった方に使ってもらえるように、さらにその先に繋がる活動を続けていきたいです。需要さえ増えれば後継者も現れるはずです」長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長野さんは、墨に興味を持ってくれた人が公式サイトの閲覧や、墨づくり体験など直接的な交流に繋がっていってくれたら嬉しいと話す。また墨業界のために、錦光園の墨でなくても実際に墨に触れてもらいたいと話す。クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
クラウドファンディングは7月25日午前11時まで実施予定。オンライン墨づくり体験や「香り墨Asuka」をリターンとして得られる支援コースも用意している。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)