LINE拒否で女子大学生を殺害、男に懲役20年判決…裁判長「あまりに理不尽」

静岡県沼津市で2020年6月、大学生の山田 未来 ( みらい )さん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪やストーカー規制法違反などに問われた住所不定、元大学生堀 藍 ( あおい )被告(21)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部は13日、懲役20年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。
判決は、被害者からLINEでの連絡を拒否されたことが動機だったと認定。菱田泰信裁判長は「あまりに理不尽」と指摘した。
また、菱田裁判長は量刑理由について「犯行当時は20歳で更生の余地がある」などと説明した。
判決によると、堀被告は同じ大学に通う山田さんに一方的に好意を抱き、20年6月、LINEなどのSNSで交際を要求するメッセージを送るといったストーカー行為を繰り返した。連絡を遮断されると、山田さんだけが幸せな人生を送るのは許せないなどと考え、同月27日、山田さんの首や腹などを包丁で複数回刺して失血死させた。