熱海 盛り土の元所有者「全部自分で作ってない」

静岡県熱海市の土砂災害で市への届け出を超える盛り土が行われていた可能性がある問題で、盛り土の計画を申請した土地の元所有者が「全部、自分が盛り土を作ったわけではない」と主張していることが分かりました。
熱海市の土石流を巡っては、静岡県が起点となった場所付近の盛り土と土石流発生との因果関係を調査しています。
この盛り土の工事計画を2007年に市に提出した土地の元所有者の代理人弁護士が取材に応じ、「全部自分で盛り土を作ったわけではない」と元所有者が説明していることが分かりました。