小室佳代さんの告白記事「眞子さま主導で内容も了承済み」とみる向きも

一向に進展する気配のない秋篠宮家長女・眞子さまと婚約内定者・小室圭さんのご結婚。金銭トラブルを抱えたお相手と結婚を願うことに対し、世間の戸惑いが広がる中、突如、圭さんの母・佳代さんの肉声が公表された。赤裸々にも思えるその言葉の端々には、結婚を「生きていくために必要な選択」と表現された眞子さまの影が見え隠れする。
【写真14枚】ゆったりしたパンツスタイルの私服で出勤される眞子さま。他、小室佳代さんの金髪姿、小室さんと生前の父親とのツーショットなども
眞子さまのお心はもはや秋篠宮家になく、小室家の方ばかり向いていらっしゃる──皇室関係者の間でそうした声が盛んになるほど、秋篠宮ご夫妻のご心労の色はますます濃いものになっているという。
「紀子さまは最近、心ここにあらず、ということも増えたそうです。職員に“換気のために窓を開けて”とおっしゃったかと思えば、“いつまで開けているの”と叱責されることも。そうした細かいご指示が以前にもまして増えるなど、邸内はピリピリとした雰囲気のようです」(宮内庁関係者)
秋篠宮ご夫妻は7月6日、東京五輪の日本代表選手団の結団式をオンラインで視聴された。公開されたご夫妻のお姿は「紀子さまがおやつれになったのでは」(皇室記者)という声が上がるほどだった。
そんな中で、紀子さまにとって新たな“ご心労の種”が生まれている。眞子さまの婚約内定者である小室圭さんの母・佳代さんの「告白」が、6月下旬、『週刊文春WOMAN』に掲載されたのだ。《十七年十二月に『週刊女性』の記事が出た直後に宮邸にご説明にあがりました》(以下、《》内は同引用) 佳代さんは記者の雑談に応じる形で、そう答えた。「記事」とは、佳代さんと元婚約者Aさんとの間の金銭トラブルについてのものだ。「紀子さまは、まさか『秋篠宮邸での密談』が、本人の口から暴露されるとは思っていなかったに違いありません」と話すのは、別の宮内庁関係者だ。「たしかに、結婚が延期になった頃、ご夫妻が小室さん親子を秋篠宮邸に呼ばれ、説明を求めたことがあったといわれてきました。しかし、周囲が推測して話すのと、本人が事実として話すのとでは、まったく違う次元の話です。 本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
《十七年十二月に『週刊女性』の記事が出た直後に宮邸にご説明にあがりました》(以下、《》内は同引用) 佳代さんは記者の雑談に応じる形で、そう答えた。「記事」とは、佳代さんと元婚約者Aさんとの間の金銭トラブルについてのものだ。「紀子さまは、まさか『秋篠宮邸での密談』が、本人の口から暴露されるとは思っていなかったに違いありません」と話すのは、別の宮内庁関係者だ。「たしかに、結婚が延期になった頃、ご夫妻が小室さん親子を秋篠宮邸に呼ばれ、説明を求めたことがあったといわれてきました。しかし、周囲が推測して話すのと、本人が事実として話すのとでは、まったく違う次元の話です。 本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
佳代さんは記者の雑談に応じる形で、そう答えた。「記事」とは、佳代さんと元婚約者Aさんとの間の金銭トラブルについてのものだ。「紀子さまは、まさか『秋篠宮邸での密談』が、本人の口から暴露されるとは思っていなかったに違いありません」と話すのは、別の宮内庁関係者だ。「たしかに、結婚が延期になった頃、ご夫妻が小室さん親子を秋篠宮邸に呼ばれ、説明を求めたことがあったといわれてきました。しかし、周囲が推測して話すのと、本人が事実として話すのとでは、まったく違う次元の話です。 本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「紀子さまは、まさか『秋篠宮邸での密談』が、本人の口から暴露されるとは思っていなかったに違いありません」と話すのは、別の宮内庁関係者だ。「たしかに、結婚が延期になった頃、ご夫妻が小室さん親子を秋篠宮邸に呼ばれ、説明を求めたことがあったといわれてきました。しかし、周囲が推測して話すのと、本人が事実として話すのとでは、まったく違う次元の話です。 本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「たしかに、結婚が延期になった頃、ご夫妻が小室さん親子を秋篠宮邸に呼ばれ、説明を求めたことがあったといわれてきました。しかし、周囲が推測して話すのと、本人が事実として話すのとでは、まったく違う次元の話です。 本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
本来、そうした皇族方とのプライベートのやり取りは、皇族ご本人の許可なしに語られていいものではありません。眞子さまが結婚されたあかつきには、佳代さんはさらに皇族と近い関係になる。今後も同じように皇族との交流が明かされはしないか心配です」 金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
金銭トラブルの密談が明かされたことによって、大きな影響がある。1つは、元婚約者Aさんの心中である。「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「秋篠宮ご夫妻が小室家から説明を受けておられたことを知って、Aさんはどう感じるでしょうか。佳代さんの背後には皇族方がいるのだと“圧力”を感じてもおかしくない。それだけ、皇族方とのやり取りを明かすことの影響は大きいのです」(皇室関係者) もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
もう1つは、それを読んだ国民の受け止め方だ。「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「佳代さんにしてみれば、“トラブル発覚の直後に迅速に対応して秋篠宮ご夫妻には説明し、ご夫妻もそれで納得したはずだ”という主張なのでしょう。それを読んだ読者も、“そうか、秋篠宮ご夫妻は最初から問題を詳しく知っていたのか”と理解するはずです。つまり、はじめから知っていたのに、秋篠宮ご夫妻はここまで問題が大きくなるのを放置しておいたのか、という国民の疑念につながりかねない、ということなのです」(前出・別の宮内庁関係者) いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
いわば、小室家の金銭トラブル騒動の“共犯”のように、秋篠宮家まで巻き込まれてしまった形になったのだ。「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「説明したとはいえ、佳代さんは“あれはもらったお金なので返さなくていい”の一点張りだったそうです。実際には、説明でもなんでもない。秋篠宮ご夫妻も強い不信感を抱かれていたのに、いまさら“説明したはずだ”と佳代さんに主張されたことに、ショックを受けられたことは想像に難くありません」(前出・別の宮内庁関係者)《信じて、愛してくださっている》 佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
佳代さんは「告白」の中で眞子さまにまで言及した。《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
《同じ女性として尊敬……大尊敬しています》《うちの息子にはもったいないくらい》と、佳代さんは眞子さまを評した後、《不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって》と眞子さまとのやり取りを告白。さらに、《長きにわたってお相手の方(眞子さま)が息子のことを信じて、愛してくださっている》とも語った。「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「皇族方とのやり取り、さらには内心に触れる部分を明らかにするのは、畏れ多いことだとは思わなかったのか……。ただ、佳代さんと眞子さまは親密に連絡を取り合う“相思相愛”の仲だといいます。それを踏まえれば、“インタビューは眞子さまの主導で、コメントも了承されたものではないか”とみる向きもあります」(別の皇室関係者) 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書を出した際には「眞子さまのご意向が大きかった」と宮内庁が明かすなど、いまや眞子さまが小室家の金銭トラブルの対応を主導されていることは公然のことだ。「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
「佳代さんがどんなタイミングでメディアに露出して、イメージアップのために何を語るかも、眞子さまと段取りを組んでいたと思えてなりません」(前出・別の皇室関係者) 秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
秋篠宮さまがお望みになっている「国民の祝福を受けて…」というお言葉を、眞子さまはどう受け止められているのだろうか……。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
※女性セブン2021年7月29日・8月5日号