電車内で見かけた20代女性に十数年ストーカー行為、41歳男「お近づきになりたかった」

埼玉県内の20歳代の女性にストーカー行為をしたとして、浦和東署は14日、春日部市大枝、リフォーム業の男(41)をストーカー規制法違反容疑で再逮捕した。
男は、この女性を十数年前に電車内で見かけて以来、ストーカー行為を続けていたとみられ、「女性とお近づきになりたかった。話がしたかった」と供述しているという。
発表によると、男は6月23日から同25日までの連日、越谷市のJR南越谷駅構内で女性を待ち伏せし、後をつけながら、写真を撮影した疑い。調べに「女性の容姿をスマートフォンで撮影しながら後をつけたことは間違いない」とする一方、「待ち伏せはしていない」と容疑を一部否認している。
同署幹部によると、女性は男と面識はなかったという。男は、6月25日に電車内でこの女性の体を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていた。スマホ内の画像などから、ストーカー行為についての容疑が浮上した。