熱海土石流2週間「元の町、10年かかるかも」

静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区での大規模土石流発生から17日で2週間。
被災地では今も500人以上が避難生活を続けている。131棟が被災し、二次災害の懸念から今も立ち入り制限区域が設定されているほか、水道などが壊滅した場所もあるためだ。発生地点付近には盛り土が一部残り、復旧には大がかりな工事が必要なことから、「元のような町になるには10年はかかるかも」と口にする被災者も。疲労の色は濃くなっている。
避難所には当初、学校体育館や公民館などが使われていたが、新型コロナウイルス対策もあり、個室があるホテルに集約。一時は16日が使用期限とされたものの、その後、別のホテルへの移転が決まった。「プライバシーは確保され、朝夕食も出て、お風呂にも入れる」と市の担当者。通常の避難所より充実した環境であることから、被災者からは「困ってはいない。よくしてもらっている」と感謝の声も聞かれる。
県や市は現在、生活再建に向け、仮設住宅ではなく既存の公営や民間の住宅の確保を進めている。早期の入居で被災者を支える考えだ。ただ、事態は長期化する見通しが強くなっている。自宅の様子の確認と貴重品を取りに戻るための一時帰宅は12日に実施されたが、その後は安全確保が万全ではないとして中止されたまま。急峻(きゅうしゅん)な地形で行方不明者捜索も難航している。市の高久浩士危機管理監は16日、「立ち入り制限区域の縮小は簡単ではない」と語った。平成25年10月に土石流災害で約400棟が被害を受け、39人の死者・行方不明者が出た伊豆大島の東京都大島町は今も、翌26年に策定した10年間の復興計画の途上だ。住宅などを建てないと決めたエリアもある。熱海の復旧について、川勝平太知事は「同じところに(住まいを)建設というのは、治山治水の工事が終わってからでないと難しい」と語っている。家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。
ただ、事態は長期化する見通しが強くなっている。自宅の様子の確認と貴重品を取りに戻るための一時帰宅は12日に実施されたが、その後は安全確保が万全ではないとして中止されたまま。急峻(きゅうしゅん)な地形で行方不明者捜索も難航している。市の高久浩士危機管理監は16日、「立ち入り制限区域の縮小は簡単ではない」と語った。平成25年10月に土石流災害で約400棟が被害を受け、39人の死者・行方不明者が出た伊豆大島の東京都大島町は今も、翌26年に策定した10年間の復興計画の途上だ。住宅などを建てないと決めたエリアもある。熱海の復旧について、川勝平太知事は「同じところに(住まいを)建設というのは、治山治水の工事が終わってからでないと難しい」と語っている。家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。
自宅の様子の確認と貴重品を取りに戻るための一時帰宅は12日に実施されたが、その後は安全確保が万全ではないとして中止されたまま。急峻(きゅうしゅん)な地形で行方不明者捜索も難航している。市の高久浩士危機管理監は16日、「立ち入り制限区域の縮小は簡単ではない」と語った。平成25年10月に土石流災害で約400棟が被害を受け、39人の死者・行方不明者が出た伊豆大島の東京都大島町は今も、翌26年に策定した10年間の復興計画の途上だ。住宅などを建てないと決めたエリアもある。熱海の復旧について、川勝平太知事は「同じところに(住まいを)建設というのは、治山治水の工事が終わってからでないと難しい」と語っている。家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。
平成25年10月に土石流災害で約400棟が被害を受け、39人の死者・行方不明者が出た伊豆大島の東京都大島町は今も、翌26年に策定した10年間の復興計画の途上だ。住宅などを建てないと決めたエリアもある。熱海の復旧について、川勝平太知事は「同じところに(住まいを)建設というのは、治山治水の工事が終わってからでないと難しい」と語っている。家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。
熱海の復旧について、川勝平太知事は「同じところに(住まいを)建設というのは、治山治水の工事が終わってからでないと難しい」と語っている。家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。
家族3人で避難生活を送る20代の女性は「よく眠れない」と漏らし、自宅が流された会社員の男性(40)は「また伊豆山に住むことは自分の中では考えていない。新しい土地で、新しい人たちと新しい生活をと思っている」と複雑な思いを吐露した。