エアコンで体が冷えすぎる人必見!睡眠のプロが教える〈熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント〉

冷房をつけると体が冷えすぎてしまう人は必見です。朝まで涼しく眠り、寝冷えしない寝室のつくり方を、快眠セラピスト・睡眠環境プランナーの三橋美穂さんに習います(構成=山田真理 イラスト=石川ともこ)
【イラスト】1日3分!専門医が教える「快眠ストレッチ」
* * * * * * *
蒸し暑い夏の夜も、朝までぐっすり眠りたい。そのためには、寝床内の温熱環境を快適に保つ必要があります。寝床の「外側」の環境として、温度28℃以下、湿度40~60%、気流は秒速0.5メートル以下が理想。「冷房は冷えすぎるから苦手」という人も多いですが、夏にエアコンなしでこの環境を保つのはかなり難しいでしょう。
そこで発想を逆転。まずエアコンで部屋を十分に涼しくし、自分の体質に応じて寝具やパジャマなど寝床の「内側」の環境を整える。それが夏の快眠への近道なのです。
実は私も極度の冷え性で冷房が苦手だったのですが、現在は27℃に設定したエアコンを一晩中つけるように。その代わり、長袖・長ズボンのパジャマ、肌着、腹巻き、レッグウォーマーにガーゼケットをかけて冷え対策をしています。快適に眠れる温熱環境は人それぞれなので、エアコンの設定温度や布団の厚さ、着衣量を変えて自分のベストを見つけてください。
エアコンを控えめに使いたい人は、扇風機を活用しましょう。ただし強い風が直接あたると体に負担がかかります。扇風機は天井や壁に向け、部屋を一周してきた風を感じるイメージで。風に強弱がついたリズムモードを使えば、急な体温低下を防ぐことができます。また簡単にできる快眠アイテムが、「小豆クールパック」(後ほど解説)です。小豆は水分を約15%含んでおり、冷凍庫で冷やすとほどよい冷たさが15~20分ほど持続。これを枕に置いて後頭部を冷やすと脳の温度が下がり、寝つきがよくなります。さらに頭を冷やしながら首を同時に温めると、露天風呂に入ったような感覚でリラックス。深い眠りに落ちやすくなるのでおすすめです。快眠にはアロマも効果的。ミント系の香りは体感温度を約2℃下げるといわれています。ただ脳を覚醒させる効果もあるので、寝るときはリラックス系のラベンダーやスイートオレンジをブレンドするといいでしょう。エッセンシャルオイルを垂らしたコットンを枕元に置くほか、それをパジャマの胸ポケットに入れておけば、寝返りを打つたびにほのかに香ります。快眠アイテムを上手に使って、元気に夏を乗り切りましょう。熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント!質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
また簡単にできる快眠アイテムが、「小豆クールパック」(後ほど解説)です。小豆は水分を約15%含んでおり、冷凍庫で冷やすとほどよい冷たさが15~20分ほど持続。これを枕に置いて後頭部を冷やすと脳の温度が下がり、寝つきがよくなります。さらに頭を冷やしながら首を同時に温めると、露天風呂に入ったような感覚でリラックス。深い眠りに落ちやすくなるのでおすすめです。快眠にはアロマも効果的。ミント系の香りは体感温度を約2℃下げるといわれています。ただ脳を覚醒させる効果もあるので、寝るときはリラックス系のラベンダーやスイートオレンジをブレンドするといいでしょう。エッセンシャルオイルを垂らしたコットンを枕元に置くほか、それをパジャマの胸ポケットに入れておけば、寝返りを打つたびにほのかに香ります。快眠アイテムを上手に使って、元気に夏を乗り切りましょう。熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント!質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
さらに頭を冷やしながら首を同時に温めると、露天風呂に入ったような感覚でリラックス。深い眠りに落ちやすくなるのでおすすめです。快眠にはアロマも効果的。ミント系の香りは体感温度を約2℃下げるといわれています。ただ脳を覚醒させる効果もあるので、寝るときはリラックス系のラベンダーやスイートオレンジをブレンドするといいでしょう。エッセンシャルオイルを垂らしたコットンを枕元に置くほか、それをパジャマの胸ポケットに入れておけば、寝返りを打つたびにほのかに香ります。快眠アイテムを上手に使って、元気に夏を乗り切りましょう。熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント!質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
快眠にはアロマも効果的。ミント系の香りは体感温度を約2℃下げるといわれています。ただ脳を覚醒させる効果もあるので、寝るときはリラックス系のラベンダーやスイートオレンジをブレンドするといいでしょう。エッセンシャルオイルを垂らしたコットンを枕元に置くほか、それをパジャマの胸ポケットに入れておけば、寝返りを打つたびにほのかに香ります。快眠アイテムを上手に使って、元気に夏を乗り切りましょう。熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント!質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
快眠アイテムを上手に使って、元気に夏を乗り切りましょう。熱帯夜もぐっすり眠れる3大ポイント!質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
質の高い睡眠を得るには、寝室を季節に合わせた環境に整えることが大切。夏に気をつけるべきポイントは?<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
<ポイント1>エアコン・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
・設定温度は26~28℃ 温湿度計でベストを探って熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
熱帯夜には、一晩中冷房をつけておくのがおすすめ。就寝1時間前から設定温度25℃程度で寝室を冷やし、寝るとき26~28℃に変更すれば、心地よく寝入り、かつ寝ている間に冷えすぎません。冷房の設定温度と実際の室温には差があるため、枕元に温湿度計を置き、快適に眠れる設定温度を探りましょう<ポイント2>パジャマ・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
・袖あり+長ズボンで冷え防止 ゆとりのあるサイズが◎手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
手足が冷えないように袖あり・長ズボンのパジャマを。ラクに寝返りを打てるよう、上下に分かれたタイプで、ゆとりのあるサイズを選んで。生地は凹凸があって肌に張りつかない楊柳や、通気性のいいガーゼ生地が夏向きです。冷えで足がつる人は、夏もレッグウォーマーを着用しましょう<ポイント3>寝具【敷きパッド】・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
・吸湿性にすぐれた素材で 「背中の蒸れ」を防ぐ寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
寝苦しさの原因となる「背中の蒸れ」を防ぐために、背中に密着しない立体構造タイプや硬めのパッドを使いましょう。湿度や温度を一定に保つ麻わたもおすすめ。中身の素材は、ポリエステル綿だと蒸れやすいため、表面と同じ麻わたをチョイス。流行りの接触冷感タイプは、涼しい部屋でしか効果を発揮しないので要注意【掛け布団】・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
・室内の設定温度に合わせて 厚手と薄手を使い分け夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
夏は通気性と吸湿性が高いガーゼケットがおすすめ。なおかつ、汗を大量にかくので簡単に洗濯できて、すぐに乾くものが衛生的にも◎。夫婦で同じ部屋に寝ていて夫が暑がり、妻が寒がりという場合、夫は薄手のガーゼケット、妻はそれよりも厚手の肌掛け布団にするなどバランスをとれば、お互いぐっすり眠れるでしょう【枕】・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
・わきの下・太ももの間にも 風を通す「抱き枕」を活用そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
そば殻やビーズ、ジェルなど熱のこもりにくい素材の枕を使うと、脳の温度が下がりやすく、寝つきがよくなります。さらに抱き枕をプラスすれば、自然と背中が蒸れにくい「横向き寝」の姿勢に。わきの下、太ももの間にすき間ができて風が通りやすくなるうえ、体や腕の重みが分散されるのでリラックス効果も期待できますまずは体験してみよう\抱き枕のつくり方/冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
冬用の敷きパッドを裏返して円柱形に丸め、角についているゴムで留めれば、簡易抱き枕が完成。長さは100cm以上、厚みは10cmあると快適です。あるいは、横向き寝の状態で使っていない枕に片腕を載せ、厚めに折り畳んだバスタオルを両膝で挟んでも、同様の効果が得られます\手づくり小豆クールパック/寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
寝苦しい夜には、簡単につくれる「小豆クールパック」を枕にオン! 結露しないため枕が濡れる心配もなし。ぜひお試しあれ1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
1)100円ショップで手に入るファスナーつきの小袋(縦15×横20cm程度)に小豆250gを入れて閉じ、冷凍庫で数時間冷やします▼2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます
2)寝る直前、枕の後頭部が当たる位置に、平らになるようにセットしましょうさらに応用編!熱に強い綿100%や麻素材のファスナー・金具がついていない布袋に、1と同様に小豆250gを入れます。電子レンジで温め、首の下に同時に置くと、より安眠の効果が得られます