【速報】尾身会長「普通の判断ではない」 五輪の「有観客」めぐり…

政府分科会の尾身会長は、臨時会見で、東京オリンピックの競技などを観客を入れて開催することについて、「われわれの普通の判断ではない」と述べた。
尾身会長は、「短期間で急に新規の(感染)報告者が来て、『じゃあ2週間後に有観客』とは、われわれの普通の判断ではない」と述べ、観客を入れることについて、「今、議論するより、感染防止策に集中した方がいい」との考えを示した。
IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は、14日の菅首相との会談で、首都圏などで無観客開催が決まっている東京大会について、「感染状況が改善した場合、観客を入れることを検討してほしい」と要望していた。