五輪出場できず帰国予定だった…不明のウガンダ選手

大阪府泉佐野市に滞在中で行方が分からなくなっているウガンダ選手がオリンピックに出場できなくなり、成田から帰国予定だったことが分かりました。
泉佐野市の担当者:「合宿中にランキングが下回ってしまって、オリンピックに出場できないとなった。重量挙げの選手とコーチは成田から帰る予定だった」
ウガンダ代表で重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)は16日未明に泉佐野市のホテルで他の選手が姿を目撃したのを最後に行方が分からなくなりました。
泉佐野市によりますと、この選手は合宿期間中に世界ランキングが下がってオリンピックに出場できなくなったことから、コーチと成田から帰国予定でした。