橋本氏に海外メディア厳しい質問 コロナ対策批判

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が17日にメインプレスセンターで初めて開いた記者会見では、海外メディアを中心に、新型コロナウイルス対策を批判する厳しい質問が相次いだ。
ある外国人記者は組織委から「マスクを着用しないなどのルール違反の行為は日本国民が見ている」といったメッセージを受け取ったと明かし「国際メディアに対する脅しではないか」と質問。橋本氏は「敵意はない。ルールをしっかり守ることで、お互いにいい仕事ができる」と答えた。
国民の多くの五輪開催に否定的な意見についての感想を問われ「コロナ前のように期待される大会ではなくなった」と答えた。