いったん解凍したワクチン、誤って再冷凍…1680回分を廃棄へ

佐賀市は16日、新型コロナウイルスワクチンの個別接種を行う1医療機関で、いったん解凍した1680回分のワクチンを誤って再冷凍するミスがあり、廃棄すると発表した。
解凍後は冷蔵保存が求められていた。
市によると、ワクチンは米ファイザー製。7月5~15日に市医師会などの超低温冷凍庫(マイナス90~同60度)から、クーラーボックスで医療機関に移送されていた。16日に、在庫の有効期限を問い合わせた際、再冷凍が判明した。
再冷凍したワクチンは接種されていなかった。