日本政府とは温度差も? バッハ会長が“有観客”要望 政府はやり取りを“非公表”のままに

IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は14日、菅総理と会談した際に、東京オリンピックについて新型コロナウイルスの感染状況が改善した場合、観客を入れての開催の検討を要望していたことがわかった。

【映像】東京五輪“有観客”の可能性は
これに対し菅総理は、「感染状況が大きく変化した場合には、改めて5者協議を開いて検討する」と説明したということだ。このやりとりについて、総理官邸は公表していなかった。
バッハ会長の発言はネット上でも大きな波紋を呼んでいるが、本当に有観客に切り替える可能性はあるのか。テレビ朝日政治部・総理官邸担当の柴戸美佐子記者が伝える。
Q.今回のバッハ会長の要望に対する総理周辺の受け止めは? 総理周辺はバッハ会長からの要望については否定的。政府関係者からは「今から観客を入れるなんて、現実的に無理だ」という声や、「今の感染状況を考えるとそういう議論をする状況にはない」という声が聞こえてくる。
この発言、実は会議終了後の公式発表に記載がなく、今でも非公表とされている。やはりこのタイミングでこうした発言があったということに反発が出る可能性があるということを考慮したのかもしれない。現職閣僚からも「そんなこと言ったの?」という驚きの声も出ている。