腐敗した男性遺体、京都市営住宅で発見 刺し傷、殺人の可能性

16日午後8時10分ごろ、京都市西京区樫原岡南ノ庄の樫原市営団地の部屋で、腐敗した男性の遺体があるのを京都府警西京署員が発見した。男性は60~80歳代で死後数日が経過しているとみられ、刺し傷があった。同署は殺人事件の可能性もあるとみて、身元や死因の特定などを急いでいる。
強制わいせつ致傷などで異例の「懲役40年」求刑
同署によると、この部屋には居住者が存在するが、郵便物などがたまっているのを不審に思った近所の人が部屋を訪ねたところ応答がなく、110番した。部屋に荒らされた形跡はなかったという。【矢倉健次、千金良航太郎】