「蒙古襲来絵詞」や狩野永徳「唐獅子図」など国宝に

蒙古襲来の絵巻物や狩野永徳の作品が国宝に指定されました。
文化庁は16日、4つの絵画と1つの書跡を新たに国宝に指定しました。
国宝に選ばれた「紙本著色蒙古襲来絵詞」は、モンゴル帝国が日本に襲来した元寇の様子が描かれています。
この絵は鎌倉時代、1280年代に製作されたと考えられていますが、襲来と同時代に描かれた元寇の絵は世界で唯一だということです。
狩野永徳の作品の「紙本金地著色唐獅子図」は、2頭の唐獅子が力強く歩く姿が描かれています。
安土桃山時代を代表する絵として評価されました。