「マイホームを買った直後に転勤になりました」女性の投稿に共感する人々 「うちも家買って1年後に県外に転勤」「新築に10か月住んでいまボロアパート」

「マイホームを建てたとたんに転勤になった」という話はよく聞くが、筆者の知人も17年ほど異動がなく、一昨年家を建てたところ今年転勤になっていた。せっかく長く住むつもりで買ったというのに理不尽な話だ。
ガールズちゃんねるに7月中旬、「マイホーム購入後に転勤」というトピックが立った。トピ主は3歳と5歳の子どもがいる主婦。先月マイホームを購入したばかりだが、夫が突然転勤を言い渡され、驚愕している。
「噂には聞いたことがあるものの、まさか自分たちが該当者になるとは思っていませんでした」
転勤族はマイホームを購入する時期に悩むものだが、夫は採用時に「転勤はない」と聞かされていたため、安心しきっていたという。(文:okei)
転勤先は新幹線で3時間の距離のため、通勤は不可能。子どもたちはパパ大好きっ子で、休日はいつも家族4人仲良く公園で遊んでいるそうだ。子どもが小さいうちは家族一緒に赴任先で暮らすことが多いものだが、新居のこともありトピ主は迷っている。「単身赴任か家族皆でついていくか、どちらがいいか」と問いかけた。
こうした例はよくあるようで、トピック内は同じ経験をした人の声が多数寄せられた。「うちも家買って1年後に県外に転勤の辞令出た」「うちもマイホーム買ってしばらくして3人目出産したら直ぐに転勤辞令出たわ。単身赴任してもらってる」「うちも家が建ってから1か月しないうちに転勤になりました!子どもが8か月のときでした。今転勤6年目で賃貸に出してます」中には、「新築に10か月しか住めなくて、いまボロアパートに住んでるよ……」と、あまりの落差に泣いたという人も。子どもが小さくても単身赴任か否かは一様ではなく、むしろ妻の実家近くに家を建てたため「単身赴任」という人も目立つ。助言としては、子ども2人が未就学児なので「ついていく」ことを勧める人が多かった。単身赴任にした場合、不倫や離婚を覚悟したほうがいいというシビアな意見も少なくない。売却や賃貸を勧める声もあるが、新築なら人に貸すのは惜しいだろう。どちらにしても苦渋の決断にはなってしまう。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」配慮する企業もあるが他方、こうした異動がある理由を「会社側が『家買ったなら辞めないだろう』で転勤言い渡すパターンらしいよ」とする声もあった。これもよく聞く話だが、ローンを組めば会社を簡単に辞められないのも現実だ。このほか、理不尽な転勤制度に怒り心頭の声も多い。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」「やられるのは出世株なんだけど、果たしてその会社でいいのかって感じ。今時優秀な人はどんどん転職するからこういう古い体質の会社は有望な人材失うと思う」という指摘もあり、筆者も同感だ。近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
「うちも家買って1年後に県外に転勤の辞令出た」「うちもマイホーム買ってしばらくして3人目出産したら直ぐに転勤辞令出たわ。単身赴任してもらってる」「うちも家が建ってから1か月しないうちに転勤になりました!子どもが8か月のときでした。今転勤6年目で賃貸に出してます」
中には、「新築に10か月しか住めなくて、いまボロアパートに住んでるよ……」と、あまりの落差に泣いたという人も。子どもが小さくても単身赴任か否かは一様ではなく、むしろ妻の実家近くに家を建てたため「単身赴任」という人も目立つ。助言としては、子ども2人が未就学児なので「ついていく」ことを勧める人が多かった。単身赴任にした場合、不倫や離婚を覚悟したほうがいいというシビアな意見も少なくない。売却や賃貸を勧める声もあるが、新築なら人に貸すのは惜しいだろう。どちらにしても苦渋の決断にはなってしまう。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」配慮する企業もあるが他方、こうした異動がある理由を「会社側が『家買ったなら辞めないだろう』で転勤言い渡すパターンらしいよ」とする声もあった。これもよく聞く話だが、ローンを組めば会社を簡単に辞められないのも現実だ。このほか、理不尽な転勤制度に怒り心頭の声も多い。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」「やられるのは出世株なんだけど、果たしてその会社でいいのかって感じ。今時優秀な人はどんどん転職するからこういう古い体質の会社は有望な人材失うと思う」という指摘もあり、筆者も同感だ。近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
助言としては、子ども2人が未就学児なので「ついていく」ことを勧める人が多かった。単身赴任にした場合、不倫や離婚を覚悟したほうがいいというシビアな意見も少なくない。売却や賃貸を勧める声もあるが、新築なら人に貸すのは惜しいだろう。どちらにしても苦渋の決断にはなってしまう。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」配慮する企業もあるが他方、こうした異動がある理由を「会社側が『家買ったなら辞めないだろう』で転勤言い渡すパターンらしいよ」とする声もあった。これもよく聞く話だが、ローンを組めば会社を簡単に辞められないのも現実だ。このほか、理不尽な転勤制度に怒り心頭の声も多い。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」「やられるのは出世株なんだけど、果たしてその会社でいいのかって感じ。今時優秀な人はどんどん転職するからこういう古い体質の会社は有望な人材失うと思う」という指摘もあり、筆者も同感だ。近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
他方、こうした異動がある理由を「会社側が『家買ったなら辞めないだろう』で転勤言い渡すパターンらしいよ」とする声もあった。これもよく聞く話だが、ローンを組めば会社を簡単に辞められないのも現実だ。このほか、理不尽な転勤制度に怒り心頭の声も多い。「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」「やられるのは出世株なんだけど、果たしてその会社でいいのかって感じ。今時優秀な人はどんどん転職するからこういう古い体質の会社は有望な人材失うと思う」という指摘もあり、筆者も同感だ。近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
「このリモート時代に参勤交代とかアホだよね」「やられるのは出世株なんだけど、果たしてその会社でいいのかって感じ。今時優秀な人はどんどん転職するからこういう古い体質の会社は有望な人材失うと思う」
という指摘もあり、筆者も同感だ。近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
近年、一部の企業では人材確保のため転勤を見直す動きもある。例えば、キリンは「転勤回避措置制度」(育児や介護の期間中、最大5年間は転勤を回避できる)を設けている。AGI生命も企業サイトで、「すべての社員に対して、『単身赴任』『希望しない社命転勤』を行わない」取り組みをPRしている。企業側も働く人のライフイベントに配慮する必要を感じてきたようだ。とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。
とはいえ、全国規模の企業や国家公務員の転勤が急になくなることも考えにくい。それでも、今回のように妻が悩んだり、やむを得ず仕事を辞めたりと、転勤での家族の負担は決して小さくない。人手不足やワークライフバランスが叫ばれる今、せめて「マイホーム買った直後に転勤」は、勘弁してもらいたいものだ。