ひろゆき氏 バッハ会長の有観客要望に「至極当然の提案」「菅首相側が悪者にしようとしてる」

実業家のひろゆき氏が16日、ニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA TV)にリモート出演。東京五輪の有観客開催を要望した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長についてコメントした。
バッハ会長は14日に菅義偉首相と会談した際、コロナの感染状況が改善すれば有観客を検討してほしいと要望したと報じられた。
ひろゆき氏は「IOCと菅首相がしゃべったことが漏れてる時点で、菅首相側がバッハさんを悪者にしようとしてんじゃないかなっていう気が若干、するんです」と分析した。
さらに「仮に感染者が0になったら、『観客入れた方がいいんじゃない?』って至極当然の提案だと思うんですよ。多分、日本がどれぐらいワクチン打ってるかも分かってないので、欧州だとみんなワクチン打ってるし観戦もお客さん入れてるし、感染者もずっと減ってるので『日本も大丈夫じゃない?』っていう提案自体はそんな悪いことじゃない」とバッハ会長の考えの妥当性を説明。
そのうえで「ただ、それ(有観客の提案)が日本人にどう受け止められるか?というところを全然知らないバッハ会長と、それをそのまま流しちゃう首相官邸側っていうので、ちょっと官邸側の思惑があるんじゃないかなと思うんです」と私見を述べた。