杉村太蔵 菅政権「機能不全に陥っている」東京五輪の無観客開催「日本の感染対策の遅れを示している」

元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)が18日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。菅政権に関して私見を述べた。
杉村は菅政権について「機能不全に陥っているという気がしますよ」と明言。続けて6都道県での無観客開催が決まった東京五輪の話となり、「オリンピックの無観客にしたってね、2週間前に行われたイギリスのウインブルドン、これ超満員。サッカーEU(欧州選手権)、超満員。大谷さんが活躍するメジャー、超満員。しかもみんなノーマスク。一方で東京オリンピックだけ無観客って、世界に日本の感染対策の遅れを示しているようでね。その辺も情けなくなるし」と話した。
また「一方でね、オリンピック関係者から言わせると、親善試合はサッカーお客さん入って、オールスターもお客さん入って、大相撲もお客さん入って、なんでオリンピックだけこんなに厳しいんですか、って言うのを、誰が合理的に説明しなきゃいけないかって言うと、菅総理なんですよね」と断言。「この菅総理の政治家としての質問に対する回答満足度は史上まれにみる低さですね。ここが本当に厳しい状況だなと言う気がします」と力説。MCを務める「爆笑問題」の太田光(56)が「傍観しずぎなんだよね。『だんまり男爵』なんですよ」と話すと、杉村も「合理的な答えが出てこない。政策が合理的じゃないんじゃないかなというところが、支持できなくなっているポイントじゃないかなと思いますけどね」と厳しかった。