冷蔵庫プラグ外れかけ、庫内が常温に…ワクチン1494回分を廃棄

滋賀県東近江市は17日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場の市蒲生支所で、ワクチンを保管する冷蔵庫の温度管理を誤り、1494回分を廃棄すると発表した。
既に受け付けた予約分は予定通り接種できるという。
市によると、廃棄されたワクチンはファイザー製。17日午前7時20分頃、出勤した職員が冷蔵庫のプラグが外れかけて庫内が常温になっているのに気付いた。庫内の温度が上昇したのは16日午後4時頃で、職員がその約1時間前にワクチンを取り出した際は異常はなかったという。
市はプラグをテープで固定せず、同日午後5時に会場を閉鎖する際も温度確認をしていなかった。市は「今後はミスがないよう注意する」としている。