選手村で感染のサッカー南アフリカ代表 濃厚接触者21人 22日の日本戦開催不透明

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、選手村での感染が判明したサッカー南アフリカ代表の選手2人、スタッフ1人について、21人の濃厚接触者が確認されたと発表した。陽性となった3人は隔離用のホテルで療養。その他のチーム・スタッフは自室待機となっている。
同代表は22日に味の素スタジアムで行われる男子サッカー初戦で日本と対戦予定だが、開催可否も含めて先行きが不透明となった。
また、大会関連の関係者で新たに3人が新型コロナウイルス検査で陽性となったと発表。内訳は業務委託スタッフ1人、メディア1人、大会関係者1人。組織委はプライバシー保護の観点から、原則陽性者の国・地域や年齢、性別などは公表しない方針。各国選手団や五輪委員会が発表した場合は、認めるとしている。事前合宿で来日した選手らを除く大会関連の陽性者は、1日以降で計58人となった。