「顔パス」で海外旅行に 成田と羽田、本格運用を開始

チェックイン時に顔写真などを登録する乗客=19日午前、成田空港
空港到着時に顔写真を登録すれば、旅券や搭乗券を提示しなくても荷物預け入れや保安検査場などを「顔パス」できる新たな搭乗手続きの本格運用が19日、成田、羽田両空港の国際線で始まった。旅券などを取り出す手間や接触機会が減り、感染症対策にもつながると期待されている。
成田国際空港会社(NAA)などによると、チェックイン時に専用端末で顔写真を撮影し、旅券や搭乗情報を登録。荷物預け入れや保安検査場入り口、搭乗ゲートのカメラが自動で本人確認し、通過を許可する仕組み。
日本航空の成田発シカゴ行きの便で出張する会社員早川奨さんは「手続きが早く済んだ」と感心していた。