【東京五輪】抗議デモ隊の怒号はIOCに届かず…「バッハ歓迎会」は皮肉にも大成功

会心の「おもてなし」が成功した。18日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)らを招いた組織委員会の歓迎会では、会場の外と中であまりに対照的な光景が繰り広げられた。
橋本聖子会長が主催したIOC関係者の歓迎会には、菅義偉首相や小池百合子都知事ら約40人が出席した。飲食こそ取りやめとなったものの、緊急事態宣言下での大人数の会合には批判が噴出し、迎賓館前には約35人の抗議デモ隊が集結。「不要不急のパーティーをやめろ」と即刻中止を求めるデモ隊はIOCを痛烈に批判。「IOCは恥を知れ」「IOC解体」など過激な主張も展開された。
そんな喧騒をよそに歓迎会は約1時間半にわたって行われ、終了後は関係者がそれぞれ帰路に。バッハ会長の表情はうかがい知れなかったが、IOC関係者を乗せたバスからは、のんきに報道陣に手を振る姿も見られ、ご満悦な様子で宿泊先の超一流ホテルへ帰って行った。
外を取り巻いたデモ隊の怒号は届くことなく、関係者の歓迎ぶりだけがIOCに伝わったのであれば「歓迎会」は大成功に終わったと言っていい。皮肉なことに「おもてなし」を掲げる組織員会の面目躍如となった。