ウガンダ選手 名古屋で”知人”と合流後に移動か

東京オリンピックの事前合宿で来日し、行方が分からなくなったウガンダ選手団の男性選手が三重県内で見つかりました。
警察によりますと、ウガンダ選手団の重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)は20日午後、三重県内で見つかったということです。
現在、四日市南警察署で話を聞いているものとみられています。
セチトレコ選手は今月16日に大阪府泉佐野市の宿泊先から行方が分からなくなっていましたが、大阪府警によりますと、セチトレコ選手とみられる男性は岐阜に住んでいる知人とみられる男性と名古屋市内で合流していたことが分かりました。