大学の校名差し止め訴訟が和解 「京都芸術大」に変更巡り

京都造形芸術大(京都市左京区)による「京都芸術大」への校名変更は混乱を招くとして京都市立芸術大(同市西京区)が、京都芸術大を運営する学校法人「瓜生山学園」(左京区)に名称の使用差し止めを求めた訴訟の控訴審は20日、大阪高裁で和解が成立した。双方が明らかにした。
和解条項によると、学園側が「京都芸術大学」「Kyoto University of the Arts」の名称を使用する代わりに、「京都芸大」「京芸」の略称は京都市立芸術大側のみが使えるとした。「互いに相手方の研究、教育に敬意を表し、協力して芸術の発展に寄与する」ことも盛り込まれた。