台風6号接近 沖縄大荒れに 24日にかけ「強い勢力」で

台風6号が、沖縄県の大東島地方に最も接近している。
21日は、沖縄本島地方などでも大荒れの天気となりそう。
台風6号は、20日午後4時現在、南大東島の南西およそ190kmにあるとみられ、24日にかけて、強い勢力で、沖縄本島地方や先島諸島に接近する見込み。
このため、21日にかけては、暴風や大しけのエリアが広がるとみられる。
21日に予想される最大瞬間風速は、先島諸島で55メートル、波の高さは、沖縄本島地方と先島諸島で8メートルとなっている。
台風の動きが遅いため、暴風期間が長引くおそれがある。
暴風やうねりをともなった高波に厳重な警戒が必要となる。