「置き配」盗み…マンション階段で生活か 男逮捕

うつむきながら足早に警察車両に乗り込む男。
住所不定・無職の草場一志容疑者(55)は、19日、窃盗の疑いで書類送検されました。
盗んでいたとされるのは、コロナ対策で利用が増えている、玄関前に置く宅配便、いわゆる「置き配」です。盗まれた荷物のほとんどは食料品でした。
草場容疑者は、大阪市のマンションの最上階と屋上とをつなぐ階段部分で生活していたとして、無断侵入の罪で、すでに起訴されています。
警察によりますと、草場容疑者は、盗んだ米をマンションの配電盤から電気を引き、拾った炊飯器で炊くなどしていたということです。
動機については、「2月下旬に仕事を辞め、ホテルなどで暮らしていたが、金がなくなった」と話しています。
■利用者「普段使ってるけど…」
コロナ禍で増えている置き配を狙った、今回の犯行。
利用者からは「置き配を普段使っているけど、使う気なくす。あんまり使う気にはならない」「新しいものをやると、そこにつけ込んで、色んな悪い考えをやる人がどうしても出てくるので、そういう事件が起きてから、ちょっとずつ対処していくしかないのかなと」など、不安の声が上がっています。