2万件超の返礼品、発送に遅れ 佐賀・武雄市「おわび」

佐賀県武雄市は16日、ふるさと納税の返礼品約2万8千件の発送が、納入業者が商品を調達できないため遅れていると発表した。
小松政市長は同日夕に記者会見し、「市を応援してくれた人の期待と信頼を裏切り、心よりおわびする」と頭を下げた。
市企画政策課によると、発送が遅れているのは、寄付金額1万円への返礼品で、米(さがびより)15キロ、県産和牛切り落とし1・2キロ、県産・九州産和牛切り落とし1・6キロの三つ。いずれも佐賀市の「アースグロー」が納入を請け負った商品で、昨年末~年明けに受けた寄付に対し3~5カ月以降に発送する予定だったが、一部しか送れていないという。同社は市の聞き取りに対して「商品の調達や加工に時間がかかっている」と説明しているという。
発送の遅れは市の担当者が5月ごろまでに見つけ、把握した。以来、同社に対し発送するよう複数回求めてきたが、改善されなかったという。