父と姉を刺したか 2人死亡 同じ家に住む25歳男逮捕 愛知・稲沢市

20日未明、愛知・稲沢市の市営住宅で、2人が刺され死亡する事件があり、25歳の男が殺人未遂の現行犯で逮捕された。
亡くなった2人は、男の父親と姉とみられている。
20日午前0時すぎ、稲沢市平江向町の「市営住宅西島団地」で、住民から「妻が血だらけの男と出くわした」と110番通報があった。
現場に駆けつけた警察官が、廊下で手に血がついた男を発見し、「姉を包丁で刺した」などと話したため、男の部屋を確認したところ、70代くらいの男性と20代くらいの女性が血を流して倒れているのが見つかったという。
2人は、病院で死亡が確認された。
警察は、無職・高橋智容疑者(25)を、女性を刺した殺人未遂の現行犯で逮捕し、今後、容疑を殺人に切り替え、犯行の動機などをくわしく調べる方針。