東京五輪「もはや平和の祭典でない」 立憲・枝野代表

アスリートを一生懸命応援したいが、残念ながらそれをちゅうちょするような状況で、今日を迎えた。
目の前にある五輪は、もはや平和の祭典ではない。極めてゆがんだ祭典で、多くの人が「開催だけが自己目的化された五輪」と受け止めている。
安倍、菅政権は五輪の開催と新型コロナ(対策)を両立させるといって準備してきた。彼らが「最善のシナリオ」と進めてきたものは、「最悪のシナリオ」にかわろうとしている。
当たり前の日常を一日も早く取り戻すには政治を変えなければならない。受け身で待ち構えるのではなく、相手が防戦一方である今こそ、積極的に準備を進めるときだ。(リモートで開催された党の全国幹事長・選挙責任者会議で)