サメか サーファー21針縫うけが サメに遭遇したらどうすればいい?

20日、茨城県の海水浴場でサーフィンをしていた男性が、サメらしき海洋生物にかまれて、けがをしたことを受け、周辺では捜索が行われた。
20日午後3時ごろ、大洗サンビーチ海水浴場で50代の男性サーファーから、「サーフィンをしている時に足を負傷した」との通報があり、男性は左足から出血し、およそ21針を縫うけがをした。
大洗町は21日午前、防災ヘリで周辺を捜索したが、サメは見つからなかった。
この海水浴場では、サメ防護網を設置し、安全が確認されるまで遊泳禁止にするという。
サメの生態にくわしい東海大学海洋学部の堀江琢准教授によると、やはり海洋生物のサメが襲った可能性が高いという。
今回けがをした男性は、海水浴場でサーフィンをしていたということだが、海の中のサメからの目線では、餌であるカメやアザラシがゆっくり泳いでいるようにも映るということで、餌と間違って襲ったのではないかということだった。
数百種類いる中で、人を襲うサメは十数種類。ホホジロサメ、オオメジロザメやシュモクザメなどの大型のサメだといわれている。そして、これらのサメは、日本の近海にも生息している。2021年5月に沖縄県で撮影された映像には、釣りざおの魚に食いつくオオメジロザメの姿が映っていた。この映像は、那覇市の国際通りに近い川で撮影されたということで、川のような浅瀬にもサメはやってきたということがわかる。堀江准教授によると、基本的にサメは沖の方に生息しているということだが、小魚を追いかけて沿岸の浅いところまで来ることはよくあるという。日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
そして、これらのサメは、日本の近海にも生息している。2021年5月に沖縄県で撮影された映像には、釣りざおの魚に食いつくオオメジロザメの姿が映っていた。この映像は、那覇市の国際通りに近い川で撮影されたということで、川のような浅瀬にもサメはやってきたということがわかる。堀江准教授によると、基本的にサメは沖の方に生息しているということだが、小魚を追いかけて沿岸の浅いところまで来ることはよくあるという。日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
2021年5月に沖縄県で撮影された映像には、釣りざおの魚に食いつくオオメジロザメの姿が映っていた。この映像は、那覇市の国際通りに近い川で撮影されたということで、川のような浅瀬にもサメはやってきたということがわかる。堀江准教授によると、基本的にサメは沖の方に生息しているということだが、小魚を追いかけて沿岸の浅いところまで来ることはよくあるという。日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
この映像は、那覇市の国際通りに近い川で撮影されたということで、川のような浅瀬にもサメはやってきたということがわかる。堀江准教授によると、基本的にサメは沖の方に生息しているということだが、小魚を追いかけて沿岸の浅いところまで来ることはよくあるという。日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
堀江准教授によると、基本的にサメは沖の方に生息しているということだが、小魚を追いかけて沿岸の浅いところまで来ることはよくあるという。日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
日本でサメが人を襲う事故は、年間多くとも3件程度。サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
サメに襲われないために、気をつけるべきことを聞いた。まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
まずは、「1人でバシャバシャと音を立てて泳がない」。サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
サメは振動を感じる感覚がとても鋭いため、1人でバシャバシャと泳いでいると、これが弱っている餌のように見えてしまうという。そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
そして万が一、近くにサメが現れてしまった場合は、「あわてずゆっくりと陸へ」。早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。
早くクロールで逃げたいと思うところだが、なるべく平泳ぎで泳いだ方がいいという。