泣きながら…「セチトレコです」ウガンダ人選手

東京オリンピックの事前合宿で来日して行方不明になっていたウガンダ人選手について、警察は東京へ移して身元確認を進める方針です。
大阪府泉佐野市のホテルに滞在中だったウガンダ選手団ウエイトリフティングのジュリアス・セチトレコ選手(20)は16日以降、行方が分からなくなっていましたが、20日午後に三重県四日市市内で見つかって保護されました。
名前や顔写真が入ったIDカードを持っていて、自ら「セチトレコです」と名乗り、警察の聞き取りに対して泣きながら話をしていたということです。けがなどはありませんでした。
警察は、セチトレコ選手の身元を確認するため21日朝までに東京に入りました。
身元の確認が取れ次第、ウガンダ共和国大使館か東京にいる選手団などに引き渡す方針です。
最終的には大使館が保護するとみられます。