ブルーインパルス、国立競技場上空で五輪描くテストフライト

東京オリンピックの開会式の日に都内を飛行する予定の航空自衛隊ブルーインパルスが21日、五輪を描く訓練を行った。
今回の訓練では開会式の日に使用する5色のカラースモークではなく、白いスモークのみを使って行い、1964年の前回東京五輪をほうふつさせる光景を真夏の青空に描いた。
国立競技場最寄りの千駄ヶ谷駅前には、カメラを手にした人々が多数集まり、上空を見上げていた。
ブルーインパルスは航空自衛隊のアクロバットチーム。昨年は医療関係者への感謝飛行を行っている。