大阪IR、28年にも開業方針 オリックス・MGM連合

大阪府・市が誘致をめざすカジノを含む統合型リゾート(IR)について、事業者公募に唯一応じた米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体が、2028年にも開業し、総額1兆円規模を投資する方針であることがわかった。
具体的な事業計画を示す提案書を20日、府市に提出した。コロナ禍で大型集客施設のあり方が見直されるなか、想定通りの大規模なIRを実現できるか注目される。
事業者に求める具体的な条件を示す府市の実施方針は、IRの開業の時期を「20年代後半」としていた。2万平方メートルの展示施設や、10万平方メートル(2千~2500室規模)の宿泊施設を備えれば、部分開業を認めるとも明記している。
MGM・オリックスはこれを満たして早ければ28年に部分開業し、段階的に規模を拡大するとみられる。コロナ禍の影響でMGMの業績が赤字に転落するなど、巨額投資に慎重にならざるを得ない状況だが、連合体関係者は「海外のIRとの競争に勝つには、規模も必要。早めに全面開業する考えだ」と強調する。