「困っている人を助けたい」元自衛隊員が仕掛ける新風俗「コロナ不況女子」とは

7月26日に放送されたABEMA「給与明細」では、密かに注目を集めるデリバリーヘルス「コロナ不況女子」へと潜入。代表を務める安田昌樹さん(24)に接触し、立ち上げた動機や今後の目標などを伺った。

【動画】元自衛隊員が仕掛ける新風俗“コロナ不況女子”の実態
「コロナ不況女子」は「コロナによってお金に困った女性が働く」というコンセプトで今年6月にオープンしたデリバリーヘルス。コロナ禍の不況で困っている女性がキャストとして入店しており、予約を“支援”、お客様を“支援者様”と呼ぶなど、独自のアイデアで話題を呼んでいる店舗だ。現在20名のキャストが在籍しており、1カ月で約30人の面接を実施するほど応募が殺到しているという。