奈良で遭難した大阪大特任教授、無事発見

奈良県天川村で登山中に遭難したとみられる大阪大特任教授の審良静男さん(68)が26日、同村内で無事に発見されたことが県警や消防への取材で分かった。けがをしているが、会話ができる状態という。