茂木健一郎氏「五輪と感染拡大相関低い」結びつけた議論は非論理的&非実証的

脳科学者の茂木健一郎氏が28日、ツイッターを新規投稿。新型コロナウイルスの感染が拡大しているが「東京オリンピックの開催自体と結び付けて議論する方向性は非論理的、非実証的です」とつぶやいた。
茂木氏は「感染拡大は、デルタ株の世界の動向を見ていれば予想できることで、五輪との相関はむしろ低いでしょう」と持論。「医療のシステムや規制緩和や感染症の分類見直しなど、できることをテクニカルに議論すべきだと考えます」とつづった。
その後のツイートでは専門家会議の出席者に向け、「お仕事に感謝しています。心からお願いしたいのは、感染者数の予測と、人々の行動変容(緊急事態宣言や東京オリンピック関連を含む)<以外の>の議論、対策を検討いただくことです。感染症分類の変更や医療システムの見直し等をこそお願いできませんでしょうか」と要望した。
茂木氏は、東京五輪開幕してから、ツイッターで頻繁に競技の感想をつぶやき、五輪フリークぶりを見せている。