40代の7人に1人が「手取り16万円」…65歳から手にする年金は「月10万円」の衝撃

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、「40代の月収と、将来手にする年金」について考えていきます。
社会人人生も折り返し地点に差し掛かった40代の会社員。毎月の家賃負担は重く、子どもの教育費も天井知らず。そんな状況に加えて、年老いた親を見ていると、自分たちの定年後の生活もそろそろ考えないと……そんな年齢ではないでしょうか。
金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』によると、40代の金融資産保有額の中央値は520万円。それに対して、借入金の中央値は1700万円。圧倒的に「ローン>貯蓄」という状況、それが40代です。
【金融資産保有額】20歳代 平均値292万円/中央値135万円30歳代 平均値591万円/中央値400万円40歳代 平均値1012万円/中央値520万円50歳代 平均値1684万円/中央値800万円60歳代 平均値1745万円/中央値875万円70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円【借入金】20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
【金融資産保有額】
20歳代 平均値292万円/中央値135万円
30歳代 平均値591万円/中央値400万円
40歳代 平均値1012万円/中央値520万円
50歳代 平均値1684万円/中央値800万円60歳代 平均値1745万円/中央値875万円70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円【借入金】20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
60歳代 平均値1745万円/中央値875万円70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円【借入金】20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円【借入金】20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
【借入金】20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
20歳代 平均値478万円/中央値200万円30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
60歳代 平均値691万円/中央値498万円70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
70歳代 平均値1349万円/中央値500万円出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
出所:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
また年々増えていく子どもの教育費ですが、結局、どれくらいかかるものなのでしょうか。文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』によると、仮に幼稚園から大学まで、すべて国公立校に通ったとしたら子ども1人に約800万円、大学だけ私立大学だと約900万~1000万円、中学以降私立校だと約1400万~1500万円程度の学費がかかります。そこに習いごとなどの費用も加わります。さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
さらに賃貸か持ち家かの違いはありますが、毎月の住居費も大きな負担でしょう。前出の通り、40代の借入金の中央値は1700万円で、その多くを占めるのが住宅ローン。月々の返済が決して楽ではないことは、想像に難しくないでしょう。40代の月収…20人に1人が60万円超えの一方で厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
【40代前半の月収分布】20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
20万円未満(14.3%)20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
20~22万円未満(7.4%)22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
22万~24万円未満(8.6%)24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
24万~26万円未満(9.8%)26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
26万~28万円未満(9.6%)28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
28万~30万円未満(9.5%)30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
30万~32万円未満(8.9%)32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
32万~34万円未満(8.3%)34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
34万~36万円未満(6.8%)36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
36万~38万円未満(6.0%)38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
38万~40万円未満(4.7%)40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
40万~45万円未満(8.7%)45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
45万~50万円未満(5.6%)50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
50万~55万円未満(3.8%)55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
55万~60万円未満(2.3%)60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
60万円以上(5.2%)厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
40代といえば、会社で重要なポジションを任されるような人も多くなっていきます。給与も年齢と忙しさと比例してあがっていきます。もちろん支出も増えていきますが、収入も増えていく、会社人として脂がのってくる時期です。しかし月収20万円、手取りにしたら16万円程度で日々の生活で精一杯、という40代も決して珍しくないのです。仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
厚生労働省『公的年金財政状況報告 令和元(2019)年度』によると、公的年金の給付額の平均は、毎月14万4268円(共済組合等の職域加算部分を除いた老齢・退年相当)。平均値と比較すると、手にする年金は4万円ほど少なくなります。もちろん、月10万円程度で老後を送ることは可能。しかし余裕があるかといえば、やはり心許ないものになるでしょう。このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。
このような状況に不安を感じるのであれば、選択肢は大きく2つ。投資も含めてなんとか資産を増やしていくための行動をおこすか、所得を増やすための行動をおこすか。兎に角、行動なくして将来不安からは逃れることはできません。