園長だけで送迎も 送迎バス 園児取り残され死亡

福岡・中間市の保育園で、送迎バスに園児が取り残されて死亡した事故で、送迎バスを園長だけで運転することがあったことがわかった。
29日夕方、中間市の双葉保育園で、5歳の倉掛冬生(とうま)ちゃんが、送迎バスの中で倒れているのが見つかり、熱中症で死亡した。
当日の朝、バスを運転していた園長は、調べに対し、「冬生ちゃんは降りたと思ったが、確認はしていない」と話している。
複数の保護者によると、保育士などを乗せず、送迎バスを園長だけで運転することもあったという。
警察は、園児を降ろす際の確認が不十分だったとみて、業務上過失致死の疑いも視野に調べている。
一方、園は、31日午後6時から、保護者説明会を開き、事故の経緯などについて説明することにしている。