「なんとなく出社」はやめて 「7割テレワーク」協力要請

菅首相が、経済団体トップに「7割テレワーク」の協力を要請。
菅首相は、経済同友会の桜田謙悟代表幹事と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、テレワークによる出勤者7割減への協力を求めた。
桜田氏は、人流抑制のためのテレワークは実績があるとしたうえで、課題を指摘した。
経済同友会・桜田謙悟代表幹事「なんとなく出社するという管理職。なんとなく出社をするというトップが、やはり増えてきてるなって感じがする。どうして会社に来るのって言ったときに、『それは会社があるから』だと、それだとまずいんで」
また桜田氏は、コロナ収束後もテレワークの必要性を政府から発信するよう求めた。