山口真由氏が「野戦病院」という表現に疑問「悲壮な語感が独り歩きしてる」

弁護士で信州大学特任准教授の山口真由氏が19日、ツイッターで「野戦病院」という表現に疑問の声をあげた。
18日、日本医師会・中川俊男会長が新型コロナ感染拡大を受け「臨時の医療施設を整備すべき」と提言したのを受け、メディアなどでは臨時医療施設を「野戦病院設置」などと報じている。
これについて山口氏は「『野戦病院』という悲壮な語感が独り歩きしてるが、日医会長の提案は中等症受入施設なのに対し、軽症者を収容せよとの議論、重症者まで含める論もあり、内容様々」と指摘。野戦病院という言葉のインパクトの強さが前面に出ているためか、議論がまとまらない状態のようだ。
続けて「入院待機ステーションの拡充を含めて具体で論ずれば建設的な策がある気がする 抽象的なマジックワードは左右の対立をただ先鋭化させうる」と「野戦病院」などのワードが混乱を招くことを危惧している。