ゴキブリは「1匹いると100匹いる」は本当。今からできるゴキブリ対策

気温が暖かくなってくると、姿を見かけるようになる「ゴキブリ」。夏はまさにピークともいえるが、これからでも間に合うゴキブリ対策はないものか。
1匹でも遭遇してしまうと、退治するまで気になって夜も眠れないという人も多いはず。そこで、ゴキブリ対策専門サイト「ゴキラボ」編集長・和田まりさんにゴキブリの生態や効率的な対策を聞いた。
◆1匹いると100匹いるは本当
本来は、昆虫の一種であるゴキブリ。しかし、その繁殖力の強さや、見た目の気持ち悪さから、できれば見ないですむようにしたい。春先から殺虫剤のCMなどをよく見かけるようになるが、ゴキブリの本格的な活動シーズンはいつなのだろうか。
「ゴキブリがちょうど卵からふ化して幼虫になる時期が、5月上旬から秋終わりまでなんです。そのため、夏はよく見かけるようになります。ゴキブリには、クロゴキブリや飲食店でよく見られるチャバネゴキブリなどの種類があります。クロゴキブリは冬には少ないと言われています」(和田まりさん、以下同)
俗に『1匹いると100匹いる』とも言われるゴキブリ。実際にはどうなのだろうか。
「一般的に、クロゴキブリの幼虫をよく見かけるようであれば、家の中で卵がふ化している可能性があります。その場合、100匹いるかもしれません(ゴキブリの卵は“卵鞘”と呼ばれる鞘に包まれており、卵鞘ひとつに平均10~20前後個の卵が入っている。また、メスは平均10回程度産卵する)」◆ゴキブリはどこからやってくる? 人々から忌み嫌われ、薬機法で規定された「害虫」(※衛生害虫)であるゴキブリ。病原菌を媒介し、アレルギーの原因になることが大きな問題だ。「ゴキブリはトイレや配水管を歩きながら体中に菌をつけています。また、彼らのふんにもさまざまな病原菌が含まれていることも多いです。体から落ちた菌やふんが原因となって、食中毒やアレルギーを起こすなど、人間にも影響を与える可能性があります。咳が止まらない、じんましんが出るなどの症状に悩まされていたら、原因がゴキブリだったということもあるようです」 できるだけ部屋に侵入させたくないものだが、そもそも、どうやってゴキブリたちは侵入しているのだろうか。「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
◆ゴキブリはどこからやってくる? 人々から忌み嫌われ、薬機法で規定された「害虫」(※衛生害虫)であるゴキブリ。病原菌を媒介し、アレルギーの原因になることが大きな問題だ。「ゴキブリはトイレや配水管を歩きながら体中に菌をつけています。また、彼らのふんにもさまざまな病原菌が含まれていることも多いです。体から落ちた菌やふんが原因となって、食中毒やアレルギーを起こすなど、人間にも影響を与える可能性があります。咳が止まらない、じんましんが出るなどの症状に悩まされていたら、原因がゴキブリだったということもあるようです」 できるだけ部屋に侵入させたくないものだが、そもそも、どうやってゴキブリたちは侵入しているのだろうか。「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
人々から忌み嫌われ、薬機法で規定された「害虫」(※衛生害虫)であるゴキブリ。病原菌を媒介し、アレルギーの原因になることが大きな問題だ。「ゴキブリはトイレや配水管を歩きながら体中に菌をつけています。また、彼らのふんにもさまざまな病原菌が含まれていることも多いです。体から落ちた菌やふんが原因となって、食中毒やアレルギーを起こすなど、人間にも影響を与える可能性があります。咳が止まらない、じんましんが出るなどの症状に悩まされていたら、原因がゴキブリだったということもあるようです」 できるだけ部屋に侵入させたくないものだが、そもそも、どうやってゴキブリたちは侵入しているのだろうか。「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
「ゴキブリはトイレや配水管を歩きながら体中に菌をつけています。また、彼らのふんにもさまざまな病原菌が含まれていることも多いです。体から落ちた菌やふんが原因となって、食中毒やアレルギーを起こすなど、人間にも影響を与える可能性があります。咳が止まらない、じんましんが出るなどの症状に悩まされていたら、原因がゴキブリだったということもあるようです」 できるだけ部屋に侵入させたくないものだが、そもそも、どうやってゴキブリたちは侵入しているのだろうか。「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
できるだけ部屋に侵入させたくないものだが、そもそも、どうやってゴキブリたちは侵入しているのだろうか。「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
「成虫や、大きめの幼虫は外から入ってきているんです。窓の開け閉めの際に、網戸をしていても、その隙間から入ってきます。玄関の開け閉めでも入ってくるんです。とくにマンションは、玄関を出てすぐに排水溝や水道管があると、そこからゴキブリがやってきます。 また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
また、今は減っていると思いますが、チャバネゴキブリの幼虫がいるような、衛生管理が行き届いていない飲食店から帰宅した時にも注意が必要です。彼らの幼虫がバッグや背広の中に入ってしまって、家に持ち込んでしまうという例もあるようです」◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
◆ゴキブリ対策は退治と予防 対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
対策として、まずはゴキブリが生息しやすい場所に気をつけるべきだという。「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
「台所の戸棚を開けると配水管が通っていますよね。あそこはゴキブリの生息場所です。家電のすき間も生息場所です。レンジの裏、冷蔵庫の下など、温かいところには卵、幼虫、成虫が潜んでいます。 さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
さらに、ゴキブリはペットや観葉植物を生育していると集まりやすいというから要注意だ。「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」
「ゴキブリはペットがいると出やすいようです。じつは、ゴキブリはドッグフードやキャットフードというようなペットフードを好む傾向があります。放置しておくと寄ってくる可能性があります。 また、観葉植物を家の中で育てている場合、ゴキブリの卵がないか、プランターの裏やヘリなどを見てチェックしてください。土の中にいることもあります。あと、外に置いているプランターを部屋の中に入れた際、いっしょにゴキブリを持ち込んでしまう可能性もあります」

どうすればよいのか頭を悩ませてしまいそうだが、ゴキブリ対策は「退治」と「予防」の2つに分けられるという。
「退治するのであれば、殺虫スプレーが手軽です。ゴキブリの死骸を触りたくない時には、いらない棒に新聞紙を巻き付けて、その上からガムテープの粘着面が外側になるように貼ります。そしてその棒を使って、ゴキブリを獲って捨てます。これなら死骸に触らずに済みます」
◆ドラッグストアで買えるベイト剤が効果的
そして、生ごみの捨て方が重要なようだ。
「ゴキブリは臭いにすごく敏感。残飯や野菜のくずなどはビニール袋に入れて、冷蔵庫か冷凍庫に保管してください。冷蔵庫は密閉されているので、臭いが漏れない。それをゴミの日に捨てるだけなので、一人暮らしの男性でも簡単にできるゴキブリ対策になります」
さらに、ベイト剤(※)と呼ばれる駆除剤を置くことで、ゴキブリ対策になるという。
(※)「ブラックキャップ」「コンバット」「ホウ酸団子」などのこと
「ゴミに寄ってきても、ベイト剤を置いておけばそっちを食べてくれます。ベイト剤は、ドラッグストアで買えるもので大丈夫です。ベイト剤の置く場所ですが、個数は各所に1個くらい、設置時期はできれば5~6月の春先に置いて、1年ごとに取り換えてください。 台所なら、シンクや冷蔵庫の下、シンク下の収納の排水管あたりや、戸棚の中、ゴミ箱の付近、電子レンジの下など温かくなる家電のそばが狙い目です。同じく水回りだと、洗面所のシンク下の収納の排水管あたりや、洗濯機の排水口付近、トイレの床の隅、窓付近など。ゴキブリの侵入口である玄関は、ドア付近や下駄箱付近、寝室・居間なら、ベットの下やテレビ台の下あたりにベイト剤を置いてください」 室内のゴキブリ生息のポイントとなる部分にベイト剤を置くことで、確かなゴキブリ対策になるようだ。なお、ベイト剤は約1年で交換を、ホウ酸団子は約半年で交換することが大切なんだそう。◆業者に駆除を依頼する場合は? それでもゴキブリの出現が気になる場合、業者に駆除や対策を依頼するとしたらどのタイミングが良いのだろうか。「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
台所なら、シンクや冷蔵庫の下、シンク下の収納の排水管あたりや、戸棚の中、ゴミ箱の付近、電子レンジの下など温かくなる家電のそばが狙い目です。同じく水回りだと、洗面所のシンク下の収納の排水管あたりや、洗濯機の排水口付近、トイレの床の隅、窓付近など。ゴキブリの侵入口である玄関は、ドア付近や下駄箱付近、寝室・居間なら、ベットの下やテレビ台の下あたりにベイト剤を置いてください」 室内のゴキブリ生息のポイントとなる部分にベイト剤を置くことで、確かなゴキブリ対策になるようだ。なお、ベイト剤は約1年で交換を、ホウ酸団子は約半年で交換することが大切なんだそう。◆業者に駆除を依頼する場合は? それでもゴキブリの出現が気になる場合、業者に駆除や対策を依頼するとしたらどのタイミングが良いのだろうか。「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
室内のゴキブリ生息のポイントとなる部分にベイト剤を置くことで、確かなゴキブリ対策になるようだ。なお、ベイト剤は約1年で交換を、ホウ酸団子は約半年で交換することが大切なんだそう。◆業者に駆除を依頼する場合は? それでもゴキブリの出現が気になる場合、業者に駆除や対策を依頼するとしたらどのタイミングが良いのだろうか。「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
◆業者に駆除を依頼する場合は? それでもゴキブリの出現が気になる場合、業者に駆除や対策を依頼するとしたらどのタイミングが良いのだろうか。「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
それでもゴキブリの出現が気になる場合、業者に駆除や対策を依頼するとしたらどのタイミングが良いのだろうか。「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
「新居にゴキブリを持ち込みたくないために、引っ越し後に駆除を検討される人もいますが、引っ越ししてすぐはおそらくいないです。なぜなら、食べ物がない状態なのでゴキブリも寄ってこないんです。引っ越し後にゴキブリが出た場合は、荷物や段ボールにくっ付いていたものが持ち込まれたか、荷物の搬入中に開けっ放したドアから入ってきた可能性が考えられます。 業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
業者に駆除を頼むのなら、ゴキブリが出たタイミングで頼むのがベターです。予防を徹底的にしておきたいという場合は、遭遇する前に行うのがベスト。業者によって施工方法は違いますが、ゴキブリの侵入経路をふさぐようにベイト剤を置くのが一番効果があります。冬でもベイト剤を続けてください。 本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
本当にゴキブリを見たくないなら、三カ月や半年に一回、定期的に業者に頼んでベイト剤の設置や点検をしてもらうと、ゴキブリを見なくなります。気になる費用ですが、集合住宅ならば1回あたりの施工で3万円弱くらいです」◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
◆コロナ禍でゴキブリ事情に変化 昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。
昨年から続くコロナ禍。多くの人のライフスタイルに変化をもたらした。飲食店には休業や時短要請が出され、会社員にはリモートワークが推奨された。じつは、その影響がゴキブリにもあるという。「チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店に出ると言われていますが、休業要請のために飲食店が閉まっていると、一階にレストラン、二階が住居という作りの場合、水やエサを求めて、チャバネゴキブリは住居の方にも移動するんです。

和田さんによると、去年よりも駆除剤の売り上げが上がってきているという。
「昨年よりも駆除剤の売り上げが上がってきているそうです。多分、リモートワークが定着して家にいる時間が増えたので、ゴキブリ対策をしているんでしょうね」
◆「物を大事にする」親世代がゴキブリの被害に遭わないために
和田さんは、長年片付けができていない実家や、高齢の親が住んでいる住居も気にした方がいいと話す。
「親世代は物を大事にする方が多いため、捨てない傾向があります。ゴキブリが出ても気にしない人もいます。親に片づけを説得するのであれば、『大切な本や仏壇がゴキブリのうんちで汚れちゃうよ』、『食中毒になるよ』と伝えてみるのはいかがでしょうか」
ゴキブリ対策は、生ごみの捨て方や、ベイト剤の設置など今すぐできることばかり。1匹でもゴキブリを見て気になったなら、試してみてはどうだろうか。
<取材・文/池守りぜね、協力/ゴキブリ対策専門サイト「ゴキラボ」>