国内最多2万5876人が新規感染=15府県で更新、重症1816人―新型コロナ

国内では20日、新たに2万5876人の新型コロナウイルス感染者が確認され、3日連続で過去最多となった。
15府県で最多を更新した。厚生労働省によると、全国の重症者は前日比51人増の1816人となり、8日連続で過去最多を更新。全国の自宅療養者は9万6709人(18日時点)となり、1カ月前の9倍に上った。死者は36人。
新規感染者が最多となったのは、神奈川(2878人)、大阪(2586人)、千葉(1778人)、愛知(1347人)のほか、岩手、宮城、山形、山梨、三重、京都、奈良、和歌山、広島、熊本、大分の15府県。神奈川は8日連続で2000人を上回り、大阪は4日連続で最多を更新した。
東京都では5405人の感染が判明し、感染者の累計が30万人を超えた。最多だった1週間前の金曜日(5773人)より368人少ないが、新規感染者は3日連続で5000人を上回った。
都内の新規感染者を年代別に見ると、20代が1686人で最多。30代1080人、40代891人、50代562人と続いた。65歳以上は257人。都基準の重症者は前日比1人減の273人。